6/15(金)|BTCの下落要因に新たな可能性・仮想通貨市場は数日ぶりにプラス域の通貨が目立つ状況に

仮想通貨市場
米SEC主導で動く、仮想通貨の有価証券問題に関する進展などを受け、仮想通貨市場は数日ぶりに反騰。BTCの下落要因には新たな可能性が浮上、Fundstrat Global Advisorsの研究責任者であるTom Lee氏は、「仮想通貨先物契約の期限最終日が相場に直結している」と指摘した。
仮想通貨関連株
金融庁の認可思惑などで、マネックスグループ(8698)が、出来高を伴って一時急騰。そのほか、仮想通貨(ブロックチェーン)関連の主力株は、仮想通貨市場の全面高を背景に堅調に推移しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨市場

仮想通貨市場は、14日に直近4ヶ月の最安値を更新したビットコインが15日に入り約5%、時価総額2位に位置するイーサリアムも10%近い高騰を記録したことで、アルトコイン市場全体に波及し、数日ぶりにプラス域で推移する通貨が目立ちました。

ビットコインは、15日2時にbitFlyerにて74万円の値をつけた後、同価格帯で推移し、18時現在では73万円と価格を維持しています。<高騰を後押ししたのは、長い間議論された、米国証券取引委員会(SEC)主導で動く仮想通貨の有価証券問題に関する進展でした。

All Market Summit: Crypto (全市場サミット:仮想通貨)において、SEC企業財務部門部長のWilliam Hinman氏は、「SECは、ビットコインとイーサリアムを証券としては分類しない」と述べました。

またビットコインについては、先週、SEC会長のJay Clayton氏が、「証券ではない」と表明していましたが、イーサリアムについての言及は初となります。

特にETH(イーサリアム)とXRP(リップル)に関して、有価証券該当の議論が加速していたことから、大きな進展だと評価されており、イーサリアムが証券に該当しない理由を元に、今後の仮想通貨市場を見るための「新たな指標」ができたことになります。

またICOにより発行される仮想通貨は、現在のICOの実情を考慮すると、そのほとんどが証券とみなされ、SECならびに関連する証券法によって規制を受けると述べられています。

下落相場に影響を及ぼした新たな要因が浮上

Fundstrat Global Advisorsの研究責任者のTom Lee氏が、今週起きたBTCの20%もの大幅下落は、「仮想通貨先物契約の期限最終日が相場に直結している」と断言しました。

Lee氏は、センチメント及びテクニカル要素が最悪な状況に陥っているに関わらず、CBOEとCMEの先物の期限最終日に近づくにつれ、BTC価格に見られる大幅変動について指摘を行いました。

Lee氏は日本時間6/15、投資サービス会社Raptor GroupのJustin Saslawの「ビットコインは、先物契約の期限に釣られ転落したようだ」という理論を引用。6/13に切れた契約を含め、すでに6つのCBOEのBTC契約が期限最終日を迎えたと強調しました。

Lee氏はここ10日間、契約の有効期限を前に、BTCはすでに18%も落としたと記述しました。

仮説として、BTCをロングし、先物をショートするのならば、トレーダーは基本「トラッキングエラー」を最小限に収めるため、期限最終日に近くにつれ、BTCを「出来高加重平均価格(価格毎の出来高で加重平均した価格)」で大量に売り払うと言われます。

トラッキングエラーとは

ポートフォリオのリターンとベンチマークのリターンとの乖離の大きさを示す指標。アクティブリスクとも呼ばれる。 ポートフォリオのリターンとベンチマークのリターンとの差(アクティブリターン)の標準偏差をとった値となる。 数値が大きいほど、ポートフォリオの動きがベンチマークから乖離していたことを示す。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

しかし、有効期限に近づくと、残りの所有BTCを売る場合もあり、結果として価格を下落を招き、今回のように先物ショートポジションに大きな利益をもたらすのです。

またLee氏によると、今年はICOやマイニングリワードにおいて純資産が増加する一方、仮想通貨自体への資金流入が不足しており、市場吸収力が業界に対する規制の停滞に妨げられている、と述べました。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株は、金融庁の認可思惑でマネックスグループ(8698)が、出来高を伴って一時急騰。

同社にグループ入りした仮想通貨取引所「コインチェック」は5月18日、匿名通貨3種類(Monero/Dash/Zcash)に加えて、Augurの取扱いを6月18日付で廃止することを政府発行の「官報」にて情報開示しており、認可登録が近いのではとの憶測から、営業の全面再開後の業績期待が強まっているものと思われます。

そのほか、7月以降に「SBIVC」本稼働を控えるSBIホールディングス(8473)が2.53%高と価格を続伸させており、再び3,000円代に。そのほか、ULSグループ(3798)が3.67%、REMIX(3825)が3.67%と、仮想通貨市場の全面高を背景に堅調に推移。

仮想通貨市場の地合い好転時には、仮想通貨関連株の有力銘柄にも押し目買いが入っており、依然として株式投資家の期待感が伺えます。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

『SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)』サービス開始|大きく期待できる5つの理由
日本最大級の取引所「SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)」の本オープン時期、上場予想5通貨、大きく期待できる5つの理由、仮想通貨XRP(リップル)を開発する米Ripple社との提携内容など、SBIVCの現物取引サービス「VCTRADE」に関する最新情報をまとめています。【7/4更新】
仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
【6/11更新】株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。