XRP開発当初の目的はビットコインの欠点を補う『仮想通貨2.0』|Ripple社市場戦略責任者

Ripple社市場戦略責任者の発言
Rippleの市場戦略責任者(Chief Market Strategist)であるCory Johnson氏は14日、XRPは”ある意味”で仮想通貨2.0であると発言しました。XRPは開発当初、ビットコインの抱える様々な問題を解決しうる新たな仮想通貨として考案されたことから、上記の発言がなされたものと思われます。
XRPとは
リップル社が発行する仮想通貨で、ネットワーク上の仮想通貨や法定通貨間をつなぐブリッジ通貨の役割を持つ。日本でも「リップラー」と呼ばれる支持者が多い。Googleが出資しており、銀行間における国際送金システムででの将来性を期待されている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Ripple社市場戦略責任者の発言

Yahoo Finance all Market Summitが14日にサンフランシスコのNasdaq Entrepreneurial Centerで開催され、Rippleの市場戦略責任者(Chief Market Strategist)であるCory Johnson氏は”XRPはある意味で仮想通貨2.0である“と発言しました。

Johnson氏はBloomberg Televisionに勤めていた経歴を持ち、2018年から市場戦略責任者としてRipple社に参画しました

Johnson氏は、XRPが築くエコシステムについて自身の見解を以下のように示しました。

XRPの開発者はRipple社へ参画する以前に、ビットコインの技術に惚れ込みました。しかし、ビットコインの欠点を考え、優れた技術とは裏腹に価値がゼロになってしまう可能性を考え、仮想通貨2.0のような存在としてXRPを開発した経緯があります。

CoinPostの参考記事

XRPは仮想通貨ではない?|リップル否定派と肯定派の議論内容まとめ
リップル CEO Brad Garlinghouse氏は「XRPを仮想通貨とは呼ばない、通貨ではないからです」と過去に発言しています。それに関連したリップル肯定派と否定派の議論内容を全てまとめました。

彼はまた、XRPが多くの仮想通貨の中でも特に注目を浴びる理由を分析し、以下のように語りました。

現在、多くの起業家がXRPに関連したプロジェクトの開発を進めていますが、なぜこれほど多くの注目がXRPに寄せられているのでしょうか。私は、それが単にXRPの技術が優れていることに起因しているとは考えておらず、金銭上の問題が絡んでいるからだと考えています。XRPを保有している人であれば誰でもその動向に注意を向けるため、このような注目を集めているのだと思います。

多くのブロガーやワナビージャーナリストが存在していますが、私は彼らが真のジャーナリズムを貫いているとは思っていません。彼らの意見はバイアスにかかっており、自身が保有する資産について偏向的な煽りをするためです。

先日、日本金融庁で行われた「仮想通貨交換業等に関する研究会」では、Ripple社アジア太平洋及び中東地域部門規制担当責任者であるサガール・サルバイ氏がXRPの証券問題について説明を行いました。

CoinPostの参考記事

仮想通貨交換業等に関する研究会(第四回)重要論点まとめ
MITの伊藤教授やCFTC委員長を務めたこともあるゲーリー教授、ripple社のサガール氏などによる仮想通貨市場と規制に関する現状への説明があった他、51%攻撃を行なった者に対しどう規制をかければいいのかなど、興味深い議論がなされました。

XRPの立ち位置が疑問視されている現在、スポークスマンとして顔の効くJohnson氏をチームに加えたことからも、Ripple社は広報、マーケティングの分野にも力を注いでいることが推し量れます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。