Cardano(ADA)クリエイターがGoogleから招待:ウロボロスアルゴリズムを解説

Cardanoがグーグルロンドンから招待
CardanoクリエイターのCharles Hoskinson氏は、Googleロンドン本部から、ウロボロス (Ouroboros)と呼ばれるProof of Stakeアルゴリズムについての質問に答えるため、社内講演の招待を受けた。
ADAとは
フィンテック業界の重鎮にして天才数学者である、チャールズ・ホスキンソンが開発に携わったことで人気化。Cardanoというオープンソースの分散型プラットフォーム上で使用される。読み方は「エイダ」。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Cardano(カルダノ)財団とは
Cardano(カルダノ)財団は、「スイスのツーク州」に拠点を置く、ブロックチェーン及び仮想通貨組織。 同財団は、Cardanoプロトコルとその関連エコシステムを客観的に監視、教育する活動を行なっており、Cardano支援者がまとまり、協力できる環境を作ることにより、Cardanoコミュニティとして機能している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

Cardano財団がグーグルロンドンから招待

仮想通貨Cardano(ADA)プロジェクトのクリエイターであるCharles Hoskinson氏(イーサリアムの共同創立者兼ブロックチェーン開発会社IOHKの共同クリエイター)は、常にCardanoプロジェクトが主流マスコミに不公平に見過ごされていることで不平を訴えていますが、今回は世界的に有名なGoogleロンドン本部から興味を示されました。

IOHK自社ブロックに記載された記録によれば、6月28日に招待されたHoskinson氏と、IOHKのエンジニアリング部長を務めるDuncan Coutts氏は、Googleロンドン本部の職員に向けて、Cardanoプロジェクトのエコシステムにおける技術的特徴や、ブロックチェーンに対するビジョンを詳しく述べました。

Hoskinson氏は、「仮想通貨は、さまざまな価値のあるトークン(媒体)を隔てる壁を撤廃している。法定通貨や黄金、航空機のフライトマイルといったものが”富”を象徴しているのであれば、ある程度の互換性を有するはずだ。」と言及。

あなたたち(Googleの職員)のおかげで、全ての決済システムはプログラミング可能となり、商人たちは、好みの決済媒体(米ドル、イギリスパウンド等)で商売できるようになった。

自分の持ち家もトークン化できるし、売却することも可能だ。売却益の百万の一分でコーヒーも買えるのだ。

と、例え話を用いて語りました。

今回のGoogle社への招待は、両社が提携に合意するとのサインではありませんが、ADAのコミュニティ内では大きな話題となっているようです。

少なくとも、以前仮想通貨の広告禁止を打ち出したGoogle社は、独自のブロックチェーン開発において、前向きな姿勢も示していると言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ADA:韓国のモバイル決済プラットフォーム「メタップスプラス」と提携
株式会社EMURGO(エマーゴ)は、日本のフィンテック企業「メタップス」の子会社メタップスプラスが、時価総額7位の仮想通貨「ADA」と提携したことを発表しました。メタップスプラスのアプリプラットフォームでは、すでに10億DL以上されており、パートナー店舗3.3万店以上での、決済及び提携プロモーションでの使用を予定しています。
仮想通貨ADA(エイダコイン)とは|今後の将来性について
ADA(エイダコイン)は、Cardano(カルダノ)というオンラインカジノプラットフォームで用いられる仮想通貨です。そのエイダコインの特徴や将来性について解説しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。