‘494,784ブロック’ SegWit2x、次回のビットコインハードフォークの日程が11月頃に決定!

ビットコイン、2回目のハードフォークの日程が11月頃に決定
8月1日にハードフォークが行われたビットコイン。Segwit2xが支持を得て2回目のハードフォークが行われる日程が決まりました。
ハードフォーク後のブロック容量の到達時点で日程が確定
設定された日程はビットコインのブロックが494,784に達した時点のため、今年の11月辺りになる模様。
ビットコイン所有者は急激な値動きに要注意
2回目のハードフォークは予定されていた出来事ですが、価格への影響も考えられます。

Segwit2x(ビットコインの取引容量を増大させる計画で賛否両論意見が分かれている)の開発者らは本日、ハードフォークの正式な日程を発表するとのことです。

Segwit2xチームはマイナーが(今年11月始動予定の)新ブロックが「494,784」に達した時に新しいソフトウェアの使用を可能にする予定のようです(ビットコイン創設から、累計の取引ブロック数)。

現在のブロック数は481,824なので、ブロックチェーン上のブロックが更新されて上記の数字に達した時という認識になります。

まだ公式ではありませんが、正式な発表は今日中に行われる予定です。『Bitcoin Upgrade at Block 494,784(ビットコインの更新がブロック494,784に達した時)』と題し、記事の草稿は今現在ウェブサイトで生で読むことができます。

『ビットコインブロックチェーン内のSegregated Witness起動後約90日である2017年11月、1MBから2MBへブロックのネットワーク容量の拡大を願うマイナーによって支持されマイニングされるでしょう。

その時点では、ビットコインネットワーク内の計算能力(マイナーの支持)の90%以上がこの大きなブロックをマイニングすることが予想されます。』(90%以上の支持を得ていると意味は、新しいブロックに移行することになりハードフォークが実施されるということです。)

もし実行されれば、Segwit2xはビットコインネットワークに二回目のハードフォークを起こし、それは更なる新しいビットコイン通貨を生み出すことになりかねません。今回実施されたハードフォーク(8月1日)で生み出されたビットコインキャッシュは現在$300付近で推移し取引されています。

この発表が5月に公開されて以降、Segwit2xはDigital Currency Groupに加入し50以上のスタートアップ企業、マイナーまた技術者に支援され続け、デベロッパーチームは主に業界のスタートアップの支援をすでに得ています。

ビットコインのマイニングネットワークの一部が新しいビットコインキャッシュをサポートしているなか、他のブロックチェーンをすでに利用しているマイナーが新たに参入してくるかはわかりません。なぜなら、すでに大きくブロックをサポートされている既存のブロックチェーンが存在している上に、BitcoinのブロックチェーンにSegWitを採用することは、ブロックサイズ自体がもうブロック容量の指標にならなくなってるのでは?と反論されているからです。

11月のビットコインのハードフォークに関する考察

8月1日のハードフォークにより、大きく状況を変えたビットコイン

ビットコインのハードフォークから生まれた派生アルトコインとしてビットコインキャッシュ誕生は記憶に新しいと思います。

あの時点でビットコインの問題は一回落ち着いたと思われた方も多くいらっしゃると思いますが、Segwit2Xではその後のハードフォークがもう一度織り込まれた計画になっていました。

その日程がついに決定し、今後の価格への影響や更なる派生通貨誕生などトレードをされる方には重要な日程になります。

今後も動向を追って有益な情報をお伝えできたらと幸いです。

Block 494,784: Segwit2x Developers Set Date for Bitcoin Hard Fork

2017年8月16日

原文はこちらから