バイナンスが世界一の収益をあげる仮想通貨取引所になる見通し|2018年前期は純利益330億円

バイナンスCEO、当期純利益で1000億円を目指す
Zhao氏はBloombergのインタビューで、前期の利益が約330億円に上ると公表しました。バイナンスは2018年中に550億円から1100億円の利益を見込んでおり、世界一の収益を上げる取引所になる見通しです。
手数料が低いバイナンスが収益を上げる理由
バイナンスは競合他社に比べ低い手数料を設定していますが、多くのユーザー数を獲得しており、質の高いサービスを提供していることから、高い収益を上げています。
バイナンスは取引所業務以外でも世界を牽引する
バイナンスはブロックチェーン企業の投資ファンドや自主規制団体を設立しており、仮想通貨業界の発展に向けて、取引所業務以外でも尽力しています。
Binanceとは
Binance(バイナンス)は、2017年に急成長を遂げた「バイナンス(Binance)」は、世界最大級の取引量を誇る海外取引所。 取り扱い通貨は80種類以上。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

大手仮想通貨取引所バイナンスは、現在の下落相場の中で10億ドル(約1,110億円)の当期純利益を目指します。

バイナンスは取引手数料をかなり低く設定していますが、世界一の取引高やサービスの充実によって、世界の取引所で最大の利益を実現します。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

バイナンスCEO、2018年の純利益1000億円を目指す

バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏(以下、Zhao氏)は、Bloombergのインタビューの中で、前期のバイナンスの収益が3億ドル(約330億円)であることを明らかにしました。

さらに、Zhao氏は2018年のバイナンスの純利益を5億ドル(約550億円)から10億ドル(1,100億円)と見込んでいます。

世界の仮想通貨取引所の収益に関して、2018年3月にはBloombergによって世界の主要取引所の1日の収益が推計されています。

出典:howmuch.net

これによると、バイナンスの年間の手数料収益は約10億ドル(約1100億円)に達し、世界一収益を上げる取引所に挙げられています。

この推計が発表された3月以降、仮想通貨市場全体で取引高がさらに減少していることから、現在の推定値はより低いものになっていると思われますが、Zhao氏が目標とする10億ドルが達成されれば、バイナンスが収益において世界一になることは間違い無いでしょう。

低い手数料に関わらず、バイナンスが高い収益をあげる理由

バイナンスなどの取引所の収益源は取引ごとに発生する手数料ですが、バイナンスはこの手数料をかなり低く抑えています。

バイナンスの取引手数料はわずか0.1%に過ぎず、これは米大手取引所Bittrexの取引手数料0.25%を大きく下回ります。

さらに、同取引所が発行する独自トークンであるバイナンスコインを使えば、この手数料が半分になります。

このような低い手数料にも関わらず、Zhao氏が非常に大きな利益を見込む背景には、バイナンスが抱え込むユーザー数が非常に多いことが挙げられます。

Zhao氏によると、現在のバイナンスの1日の出来高は平均で約1.5億ドル(約165億円)に及び、1,000万人のユーザー数を誇ります。

バイナンスは2017年7月に設立されましたが、わずか1年足らずで1日の取引高で世界一を記録しました。

同取引所はグローバルに展開しており、取り扱い通貨の種類も豊富であることから、2017年の市場価格高騰で大きな注目を集め、新規口座登録が殺到しました。

バイナンスは取引所事業以外でも世界を牽引する

世界の取引所を牽引するバイナンスは、取引所業務以外でも仮想通貨市場の発展に貢献しています。

ブロックチェーンプロジェクトへの投資

バイナンスは5月31日、自社の起業家支援プロジェクトであるBinance Labs(バイナンスラボ)が主催するオンラインカンファレンスを開催しました。

さらに、同カンファレンスにおいて、バイナンスラボは10億ドル(1000億円)規模のファンド設立を発表し、ブロックチェーン技術の研究・開発を行う複数のスタートアップへの投資も表明しました。

バイナンスコインの活用

バイナンスは自社で独自トークン「BNB(バイナンスコイン)」も発行しています。

バイナンスコインは自社の取引所で用いることで、手数料を大幅に割り引くことができます。

さらに、ホワイトペーパーでは、自社の収益の一部をバイナンスコイン保有者に還元する方針も公表しています。

このようにして、バイナンスはトークンのあるべき姿を率先して考案しています。

仮想通貨の健全性に向けた努力

バイナンスは仮想通貨業界の健全化にも尽力しています。

バイナンスラボのカンファレンスでは、自主規制団体「CGI(Cryptocurrency Governance initiatives)」の設立が発表されました。

仮想通貨業界において詐欺コインやピラミッドスキーム(ネズミ講)などの犯罪行為は、市場関係者が頭を悩ませ続けている懸念材料の一つですが、バイナンスは自社で率先してこれらの問題の解決に取り組んでいます。

さらに、バイナンスは取引所のハッキングやバグに対しても迅速に対処しており、ユーザーの安全性を確保を徹底しています。

7月4日には、取引所でいくつかの以上取引を検知したため、直ちに緊急メンテナンスが行われましたが、同日中には取引が再開されました。

CoinPostの関連記事

世界をリードするバイナンスが発表した「ビッグニュース」3選|1000億円規模の仮想通貨ファンド、ほか
仮想通貨業界をリードする世界最大手取引所「バイナンス」は、Binance Labs開催のカンファレンスにて、10億ドル(1,000億円)規模のファンド設立や支援プロジェクト「Dache Chain」など、3つのビッグニュースを発表した。
仮想通貨取引所Binanceにて緊急メンテナンス|取引と出金が一時停止後にAPIリセットを告知
7月4日、世界有数の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)にて、取引と出金、その他のアカウントサービスが期間中停止する緊急メンテナンスが行われた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。