バイナンスCZ氏:ピークから70%減でも仮想通貨の市況感は依然ポジティブ

強気シナリオを堅持
世界有数の取引所バイナンス代表のCZ氏は、市場価格が大幅下落した現在でも、昨年より市況感は良いとの見解を示した。強気発言の背景には、前期に純利益330億円を上げるなど、取引所利用者の増加ペースが衰えない市場規模の拡大がある。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨市場の改善傾向は継続している

フィンテック推進国であるスイスのツーク市で、世界有数の取引所バイナンス代表のCZ氏は、仮想通貨レポーターの取材に応じ、以下のようにコメントしました。

「1年前のBTC市場は7.8億ドル(約870億円)の取引高で時価2,500ドル(約28万円)だった。現在は34億ドル(3780億円)の取引高で時価6,800ドル(約73万円)。(市場規模の拡大が明らかなことが)楽観視できる証拠となるだろう。」

海外メディアが報じたところによると、CZの発言は、以下の4点に基づいているものと思われます。

  • インフラの成長
  • 価格の上昇
  • 取引高の上昇
  • 主流経済とパブリックからの関心

2018年年始から時価総額を約70%落としている現在でも、2017年における強気相場での市場拡大分をを考えれば、依然としてポジティブなポジションにあることは明白で、「新たなアセットクラス」としてパブリック投資家からの全体需要は増えつつあると考えられます。

2018年における主な発展

2018年以降の価格停滞を嘆かれる現状でも、取引利用者数の大幅増加などバイナンスの急成長は留まるところを知らず、前期の利益が約330億円に上ると公表。2018年中に550億円〜1100億円の利益を見込み、名実ともに世界一の取引所として認知されています。

出典:howmuch.net

さらに、2018年になってから仮想通貨業界を取り巻く環境も刻々と変化、進展しており、代表的なものとしては以下のような出来事が挙げられます。

  1. 2017年まで個人及び機関投資家のための適切なインフラが欠如していたが、先日Coinbaseのカストディサービスが開始された。
  2. JPモルガンやゴールドマンサックスのような米巨大投資銀行は、顧客の仮想通貨に対するデマンドの増加に応じるよう規制当局の動きを待ち受けながら、取引サービスを提供する準備を整えている
  3. SEC(米国証券取引委員会)が先月、BTCとETHに対して「有価証券として規制しない」との立場を示した中、CBOEが提出したビットコインETFに関する新たな申請の可否が注目を集めている

そのほか、ゴールドマンサックスのCEOであるLloyd Blankfein氏は、経済クラブで

「私にはビットコインは不要だが、法定通貨から仮想通貨へと進化する可能性が将来認められるようになるかも知れず、仮想通貨の可能性を否定することは賢いとは言えない。」

と、これまでの否定的なスタンスとは一転、仮想通貨の将来性に対して、肯定的な見解も見せています。

今後の展望

2014年に見られた市場価格の是正と同様に、今年始めに起きた暴落もまた、新規の個人投資家の狼狽売りなどに起因するバブル崩壊の一種と考えることができます。

しかし今までと異なり、多くの国々が慎重に定義する”新しいアセットクラス”は、機関投資家のような巨大な資金を引き寄せることで流動性が高まり、不確実性の高いバブルを形成しにくくすると言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

バイナンスが世界一の収益をあげる仮想通貨取引所になる見通し|2018年前期は純利益330億円
バイナンスは2018年前期の利益が約330億円であったことを明かしました。2018年の純利益は550億円から1100億円を見込み、世界一の収益を上げる仮想通貨取引所になる見通しです。
2018年の仮想通貨暴落相場で逆行高を見せた3通貨|BNB(+72%)・EOS(+31%)・VEN(+15%)
受難続きの2018年は長期的な下落トレンドに突入、仮想通貨の全体時価総額はまさにナイアガラとなった。そんな中、バイナンスコイン(BNB)は+70%、イオス(EOS)は+31%、ヴィチェイン(VEN)は+15%の逆行高を見せている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。