ライトコイン財団:トークンペイ社との提携により、ドイツWEG銀行の株式9.9%を取得

ライトコインが新たなパートナーシップを締結
ライトコインは、独自のブロックチェーンプロトコルを構築し、ネイティブトークンTPAYを開発する「トークンペイ」とパートナーシップの締結を発表。仮想通貨が、既存の金融機関を脅かす存在としてではなく、新たなパートナーとして認識され、受け入れられるという好事例となった。
ライトコインとは

2011年に登場した仮想通貨で、ビットコインが「金」ならライトコインは「銀」とされている。

ビットコインの欠点を補うことを目指して開発された送金重視の通貨であり、ビットコインのブロック承認時間約10分に対し、約2.5分まで短縮している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ライトコインが新たなパートナーシップを締結

デジタルゴールドと呼ばれるビットコインに対し、デジタルシルバーとの位置付けを意識しており、米Coinbase技術部門役員の経歴を持つCharlie Lee氏により、開発されたライトコイン(LTC)。

2011年に公開され、数ある仮想通貨の中ではビットコインに次いで、歴史のある部類に属すると言えるでしょう。

そのライトコインの開発と支援を行っている非営利団体、ライトコイン財団(Litecoin Foundation、シンガポール拠点)は7月10日、スイスに拠点を置く、仮想通貨スタートアップ、トークンペイ社(TokenPay Suiss AG)との戦略的なパートナーシップ締結を発表しました。

このパートナー協定により、ライトコイン財団は、トークンペイ社に対する、包括的なマーケティングおよび技術提供と引き換えに、同社が5月に取得していたドイツのWEG銀行の9.9%にあたる株式が譲渡されます。

この提携に関して、ライトコイン財団執行取締役Charlie Lee氏は、次のようなコメントを寄せています。

このパートナーシップは、ライトコインとトークンペイの双方にとって大きな利益をもたらすだろう。

誰でも簡単にライトコインを買って、使うことができるように、ライトコインをWEG銀行とその提供するあらゆるサービスに統合していくことを楽しみにしている。また、トークンペイ社の分散型取引所、eFinへのサポートを提供できることについても、大変ワクワクしている。

トークンペイ社とは

この度、銀行の株式取得とライトコイン財団との提携を成し遂げたスタートアップ「トークンペイ」社は、法定通貨と仮想通貨間の拡張性のある決済を容易にすることを目標に2015年に設立され、独自のブロックチェーンプロトコルを構築し、ネイティブトークンTPAYを開発しています。

トークンペイ社は、その創設当初から、『現代の金融機関に、ブロックチェーンの恩恵をもたらす橋渡し役を果たす』というミッションを掲げ、プライバシーとセキュリティを優先事項として、それを支えるための技術を盛り込んだ開発をしています。

例えば、「TorベースのIPの難読化、リング署名検証、ゼロ知識証明」などを提供することで、重要なユーザーデータを公開すること無しに、トランザクションを検証し、認証、保証するプラットフォームを構築しています。

このような経緯を持つトークンペイ社ですが、WEG銀行側から、昨年12月にアプローチを受け、今年5月に初めの株式取得に至っています。

WEG銀行は、主に不動産関連の金融サービスを提供している2015年に設立された比較的新しい銀行ですが、既存の顧客ベースに加えて、新しい経済システムの到来に備え、フィンテックとブロックチェーン技術を融合した”新しいサービス部門”の設立を計画しています。

そこに、トークンペイ社の技術がぴったりだったということでしょう。

提携のメリット

WEG銀行の創立者でCEOのMatthias von Hauff氏は、トークンペイ社とライトコイン財団の提携にあたり、次のように述べています。

私共のような保守的な機関が、トークンペイ社やライトコインのような革新的な機関とパートナーシップを結ぶことは、一見、予想外の出来事のように受け取られることだろう。

しかし、共通の未来の見通しを念入りに、そして徹底的に調査した結果、将来的に銀行業務の中に、このような新しい支払い方法が採用されていくことは不可避だとの確信を持つに至った。この分野の一流の人々とチームを組むことができたことを誇りに思う。

この提携は、まさに三方良しのようです。

  • TokenSuiss 資産管理
  • eFIN 分散型取引所
  • 仮想通貨TPAY
  • 複数署名トランザクションエンジン
  • WEG銀行フィンテックプラットフォーム

トークンペイ社は上記のような、数多くのブロックチェーンプロジェクトに携わっていますが、ライトコインの技術が、同社のプロジェクトを強化・推進するとともに、ライトコインにとっても恩恵をもたらします。

トークンペイ社は、Vergeコインと長期にわたり提携してますが、Vergeは、XVG仮想通貨デビットカードの発行を計画しており、そこにライトコインもなんらかの形で関わっていく可能性が生まれます。

銀行ネットワークへの足がかり

また、銀行ネットワークへの足がかりができたことは、ライトコインにとっても大きな進展です。

この度の、ライトコイン財団への株式譲渡完了に伴い、トークンペイ社は、新たにWEG銀行9.9%の株式を取得しています。

これは、現行のドイツ銀行法では、規制当局からの承認無しに、一つの組織や団体が、それ以上の株式取得が制限されているためですが、トークンペイ社は、承認が得られ次第、契約で取得上限と設定された、合計90%までの株式取得を目指す予定のようです。

今回のライトコイン財団とトークンペイ社のパートナー提携は、仮想通貨が、既存の金融機関を脅かす存在としてではなく、新たなパートナーとして認識され、受け入れられるという好事例を作るだけではなく、仮想通貨エコシステム自体が、転換点にあることを象徴するような画期的な出来事ではないでしょうか。

CoinPostの関連記事

ライトコイン チャート・価格・相場・最新ニュース一覧
ライトコイン(Litecoin/LTC)のチャート・価格・相場や、最新ニュース一覧を掲載しています。また、ライトコインとは何か、通貨の概要やその詳細も解説しています。
チャーリー・リー「最終的にライトコインから手を引くことになるかも知れない」
将来的にライトコインが、国際的で非中央集権的な通貨を実現するためには、その中心に運営を行うリーダーが存在していてはならないとLee氏は述べ、最終的には、ライトコインから手を引くべきであることを自覚していると主張しました。

Piotr Swat / Shutterstock.com

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

幸田直子naokoKodaCoinPostの海外在住ニュース担当記者

カリフォルニア大学卒。アメリカでインテリアデザイナーとして勤務後、会議通訳、翻訳に従事。イギリス在住中に、世界金融の危うい現状を知り、世界情勢について興味を持ったことが、今日、ブロックチェーンと仮想通貨との関わりに結びつき、その潜在力と可能性に注目している。