仮想通貨投資の始め方/ビットコインの買い方やおすすめ仮想通貨取引所を徹底解説

仮想通貨投資の始め方

ビットコインを始めとする仮想通貨への投資に興味を持ったが、始め方がわからない!

そんな方々へ向けて、仮想通貨投資の始め方、仮想通貨の購入方法(買い方)やおすすめ仮想通貨取引所、ウォレットでの資産管理の仕方まで解説します。

目次
  1. 取引所で仮想通貨を売買しよう
    1. 初心者におすすめの仮想通貨取引所
    2. 二段階認証でセキュリティを強化
    3. ビットコインや仮想通貨の買い方

  2. どの仮想通貨を買えばいいのか?
  3. 仮想通貨投資や取引で使いやすい銀行
  4. ウォレットで仮想通貨を管理しよう
  5. ネット上ではなく紙で安全に管理しよう
  6. 最後に

取引所で仮想通貨を売買しよう

みなさんが仮想通貨として思い当たるのは「ビットコイン」だと思います。

ビットコインや仮想通貨を購入するには、「取引所」を利用します。

取引所とはユーザー間で仮想通貨を売買するところです。

また、取引所を運営している会社から仮想通貨を買う、という販売所としての機能が付いているところもあります。

どちらにせよ、まず取引所の口座を開設しましょう。

初心者におすすめの仮想通貨取引所

コインチェック(coincheck)

コインチェック(coincheck)は、ビットコイン取引量が国内一(現物のみ、FX除く)の取引所です。

iOS/Androidアプリが非常に使いやすく、初心者にも扱いやすいビットコイン取引所です。

ビットコイン以外にも、販売所ではリップル、イーサリアム等様々な有名仮想通貨を販売しています。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck
GMOコイン

GMOコインは、仮想通貨の販売所として非常に優秀です。

販売所は取引所よりも少し割高な手数料が設定されるのですが、GMOコインはスプレッド(購入価格と売却価格の差)差が狭く、非常に安いです。

また、仮想通貨以外のFX業界でも最大手に君臨するだけあって、ビットコインFXをアプリで簡単かつ快適に行うことが可能で、サーバーも非常に安定しています。

更に、取り扱う仮想通貨の種類も続々と増えています。

gmoコイン ビットコインfx

その他の国内取引所や、ビットコイン以外の仮想通貨を多く取り扱っている海外取引所のおすすめ、比較情報についてはこちら↓

仮想通貨取引所の比較一覧と解説 / 海外取引所について
アルトコイン取引は海外がメイン 仮想通貨は現在1,000種類以上はあると言われているが、日本の取引所では、そこまで...

二段階認証でセキュリティを強化

仮想通貨の取引所を利用する際はセキュリティには十分注意しなければなりません。

第三者に自分のアカウントでログインされて勝手に取引されたら大変なことになりますよね?

そこでセキュリティを強化するために「二段階認証」というシステムが使われます。

二段階認証のアプリは「Google Authenticator」が有名ですが、CoinPostでは「Authy」というアプリの使用をオススメしています。

二段階認証アプリ[Authy]が[Google Authenticator]よりも優れている理由
バックアップ機能が備わっているのでスマホをなくした時も対応できる バックアップ機能を利用すれば、スマホが紛失したり、不具合...

ビットコインや仮想通貨の買い方

ビットコインや仮想通貨を買うには、まず上記で口座開設した仮想通貨取引所に日本円を入金する必要があります。

日本円の入金が取引所に反映された後、取引所でビットコインや仮想通貨をいくらで買うのか、買い注文をすることになります。

すると、取引所を利用しているユーザーの中で、ビットコインや仮想通貨を売りたいと考えている人が売り注文を出しているので、その人との取引が成立します。

おすすめ取引所であるコインチェックでの実際の仮想通貨売買方法、その他取引所の使い方についてはこちら↓

コインチェック(coincheck)の使い方
コインチェック(coincheck)の使い方一覧記事です。日本円入金方法、ビットコインやアルトコインの買い方、売り方等を詳しく解説します。

また、取引所の中には販売所という機能を有している場合もあります。

販売所ではユーザーからではなく、取引所(例:コインチェック)から仮想通貨を購入することが出来ます。

いつでも買うことが出来てお手軽な反面、手数料が少し高めに設定されているため注意が必要です。

どの仮想通貨を買えばいいのか?

仮想通貨はビットコイン以外にも、1,000種類以上もの膨大な数が存在しているため、種類も様々です。

よって、仮想通貨を買う前に、その通貨がどのような通貨なのかを調べることをおすすめします。

例えば、日本国内での人気が非常に高い仮想通貨リップル(XRP)は、送金速度が非常に速い仮想通貨です。

リップルはその特徴から、他国とお金をやり取りする世界中の銀行で注目を集めていて、日本ではメガバンクを抱えるSBIグループとの共同会社も設立しています。

このように、仮想通貨ごとの特徴、将来性を調べてから購入することをおすすめします。

人気の高い仮想通貨の特徴一覧や日本国内での人気が高い通貨についてはこちら↓

仮想通貨一覧 通貨ごとの特徴と今後の将来性
新たな決済手段・投資商品として注目を集めている仮想通貨。ビットコインから派生して今では1000種類以上超える仮想通貨・アルトコインの特徴と今後の将来性を一つずつ解説します。

仮想通貨投資や取引で使いやすい銀行

各取引所比較/提携銀行
bitFlyer Coincheck Zaif GMO
提携銀行 三井住友銀行,住信SBIネット銀行 りそな銀行,住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行 楽天銀行,住信SBIネット銀行,あおぞら銀行
bitbank BITPoint QUOINE SBIVC
提携銀行 住信SBIネット銀行 住信SBIネット銀行,東京スター銀行,ゆうちょ銀行 住信SBIネット銀行 現在不明

仮想通貨投資、仮想通貨の購入に向いている銀行があります。

それは住信SBIネット銀行です。国内取引所の多くは住信SBIネット銀行と提携しています。

住信SBIネット銀行と提携している取引所への日本円入金は、基本365日、土日夜間でも可能です。

普通の銀行の場合、土日夜間の入金だと、翌日営業時間内もしくは翌営業日に持ち越されてしまいます。

また、入金速度も10分程度で反映されます(他行宛の場合はその限りではない)。そして、住信SBIネット銀行と提携している取引所への入金手数料は無料となります(同じく他行宛の場合はその限りではない)。

他銀行との比較や国内取引所でどれだけ提携しているか等、詳しい情報はこちら↓

仮想通貨取引をする上で欠かせない住信SBIネット銀行とは
国内仮想通貨取引所は住信SBIネット銀行と提携している場合が多いです。そのため、住信SBIネット銀行の口座を利用すると、手数料無料で入金が可能で、なおかつ入金速度も速いため、仮想通貨取引をする方におすすめの銀行です。

ウォレットで仮想通貨を管理しよう

ウォレットとは仮想通貨を入れるための口座のことです。

取引所で売買された仮想通貨はまず取引所内にある自分のウォレットに保管されます。

自分で売買した仮想通貨の保管を第三者である取引所に任せるより、自分の手元で管理できるウォレットに移して管理したほうが安心できますよね。

よって、仮想通貨の保管は自分のウォレットで行うことがおすすめです。

仮想通貨ごとに対応しているウォレットが違うので、自分の持っている通貨に対応したものを選ぶ必要があります。

よく使うウォレット

Coinomi

70種類以上の仮想通貨に対応しているAndroidモバイルウォレットです。日本語対応しています。

スマホで簡単に管理が可能で、今後iOSでも実装予定です。

モバイルウォレット「Coinomi」について解説~70種類以上の通貨に対応するマルチウォレット~
70種類以上の仮想通貨に対応しているモバイルウォレット BTC,ETHといった主要通貨からBCHといった新しい通貨にも対応...
Jaxx

AndroidだけでなくiOSでも利用可能な複数通貨に対応しているモバイルウォレットです。

日本語非対応ですが、使い方は簡単です。スマホだけでなく、ブラウザでも同じウォレットを管理可能です。

JAXX(ジャックス)の使い方、バックアップ作成について解説
様々な仮想通貨に対応しているマルチウォレットであるJAXX(ジャックス)の使い方、バックアップ方法について詳しく解説します。
bitpay・copay

ビットコイン対応のウォレットです。iOS/Android、Windows、Macに対応しています。

どちらも日本語対応されていて、デザインもシンプルで使いやすいです。

ビットコインウォレット「bitpay」,「copay」登録、使い方について解説
スマホ対応により、外出先でも決済可能 Windows,Mac,Linux,Android,iPhoneに対応しているため、...

その他のウォレットはこちら↓

仮想通貨のウォレット一覧 マルチカレンシーやコールドウォレットなど
多様なウォレットを紹介しています。ビットコイン対応ウォレットはもちろん、マルチカレンシー対応・コールド(ハード)ウォレット・モバイルウォレットなど、用途に応じた使い方を解説していきます。

ネット上ではなく紙で安全に管理しよう

仮想通貨を管理する際にIDやパスワードを記録しておく必要があります。

しかしネット上やデバイスで管理しておくのは少し不安を感じます。

ウォレットの脆弱性を付いてハッキングを目論む人がいないとは言い切れませんし、使っているデバイスが壊れたら使っているサービスにログインできません。

そこでIDやパスワードを紙に書いて保管する方法をオススメします。

紙に書いて金庫や鍵付きの場所に保管しておけばそういった不安は解消されます。

※[下の画像を保存→紙にプリントアウト→紙に情報を記入]してご使用ください。

仮想通貨管理ペーバー

最後に

以上が仮想通貨を始める前に必要なものです。

始め方はそんなに難しいものではなく、初心者でも簡単に始めることが出来ます。

ただ、自分の大切なお金を扱うためには、しっかり管理して運用する必要があるでしょう。