仮想通貨リスク(Lisk)最新ニュースまとめ:価格変動に関する最新情報を随時更新

リスク(Lisk)に関するニュースまとめ
最新ニュース・参加表明を発した企業についてまとめたページです。新情報をキャッチ次第更新していきます。

リスク(Lisk)の今後の予定

日付 ニュース内容
2017年内 Lisk Core 1.0へのアップデート、SDK(開発者用ツール)のα版を配布
2018/1~3 Mobile and Desktop Appリリース(詳細不明)
2018/2/20 リブランド(名称の変更:例Darkcoin→DASH)
2018/4 SDK(開発者用ツール)を配布
2018/7 分散型取引所関連の事業を始動?詳細不明

リスク(Lisk)ニュース一覧

日付 ニュース内容
2017/11/27 Liskがロードマップを更新、2017年内にLisk core 1.0アップデート、2018年1月から3月にモバイル&デスクトップアプリ、2018年2月20日にリブランディング、2018年4月にSDK配布、2018年7月に分散型取引所関連の何かを発表
2017/11/14 Lisk CEO Max氏にCoinPostが独占インタビュー、リスク価格、リブランティングの日程について質問
2017/9/12~27 Liskアジアツアーが開催されることが発表される、上海(中国)、ソウル(韓国)、東京(日本)、ムンバイ(インド)にてミートアップの開催やテレビ出演等を行った、
2017/8/30 海外巨大掲示板redditにてAMA(Reddit用語でAsk Me Anything、何でも聞いて下さいという意味)を開催する事を公式Twitterで発表、日本時間で2017年08月31日(木) 02:00より開始
2017/8/27 下記の2つの発表の影響もあり、約840円まで価格を上げ、6月に記録した最高値を大幅更新
2017/8/23 インドでの新たな暗号通貨取引所BitBay Indiaがオープン、取り扱い通貨にLiskが含まれる
2017/8/3 9月中にLisk Core 1.0へのアップデート、リブランド(名称の変更:例Darkcoin→DASH)、12月にSDK(開発者用ツール)α版の配布を行うと発表
2017/6/2 Blockchain Expo 2017でLiskが登壇し、短い時間で約400円にまで価格を上昇させ当時最高値を記録
2016/7/11 コインチェックがLiskの取り扱いを開始
2016/5/24 Liskが正式リリースされる
2016/2~ Microsoftとパートナーシップ発表の影響もあり、ICOで約14,000BTCの資金を集める

リスク(Lisk)について

リスク(Lisk)はCryptiからフォークして生まれた分散型アプリケーションプラットフォームです。分散型アプリケーションプラットフォームとは、「Decentralized Applications」と英語で言い、通称「DApps」と呼ばれています。

分散型アプリケーションプラットフォームについて簡単に述べると、ブロックチェーンを利用した分散型アプリケーション(どの場所からでも業務処理を行うことが出来るアプリ)を開発して、その利用に付き纏う制限を取り除くことを目的としたプラットフォーム(ソフトが動作するための土台)です。イーサリアムもこれに当たります。

LiskはICO(クラウドセール)により資金を集めた通貨の一つです。2016年2月から2ヵ月に渡って行われたICOでは、6億円ほど集まりました。

特徴としては、スマートコントラクト機能があり、人気のプログラミング言語「javascript」を採用していることが良く知られています。

Microsoft社とパートナーシップを結んだこともニュースになりました。Microsoft Azure以外にはShape Shiftなどとも提携しています。

リスクについて詳しくはこちら↓

おすすめ取扱取引所

取引所 解説

coincheck

2017年3月より、ビットコインの現物取引高はbitFlyerを抑えて取引量No.1。主要なアルトコインの販売も行っているが、アルトコインの取引は出来ない点に注意。
Poloniex

Poloniex

世界最大級の仮想通貨取引所。60種類以上のアルトコインの取扱いがある。 国内に在住しながらアルトコインの取引を行いたいのであれば、口座開設しておきたい取引所。
BITTREX

BITTREX

取扱いアルトコインはPoloniexを超える190種類以上。ICOを迎え上場した新しいアルトコインや、無名のアルトコインなどを積極的に取扱う。

おすすめウォレット

Lisk Nano
Linux,Mac,Windows
Lisk Nano公式サイト
Lisk Nanoはシンプルな操作でLiskの取引ができます。これがあれば他のノードとつながることができるので、blockchain syncingを必要としないメリットがあります。