仮想通貨ライトコイン(LTC)最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新

仮想通貨ライトコイン(LTC)に関するニュースまとめ
最新ニュース・関連企業の発表についてまとめたページです。新情報をキャッチ次第更新していきます。

ライトコイン(LTC)ニュース一覧

日付 ニュース内容
2017/11/1 韓国取引量2番手であるCoinoneに上場した、 オフライン取引を含めたLTCの流動性向上が期待されている
2017/9/1 ライトコインのメインネットで初となるライトニングネットワーク(Lightning Network)を使用したペイメントチャンネルで0.01LTCが支払われ、トランザクションが成功したというライトコイン開発者Charlieのツイートが話題となり、約1万円弱まで価格が高騰する
2017/8末 韓国市場の取引量が急増し(韓国最大の仮想通貨取引所Bithumbによる韓国ウォン建てのライトコイン取引が、8月29日時点でライトコイン取引シェアの約24%を占め世界1位となっていた)、それに影響されたのか、30日時点では中国の取引所OK CoinとHuobiによる人民元建ての取引も急増
2017/7/12 ビットコイン取引高日本一の取引所、ビットフライヤー(bitFlyer)がライトコインの取扱を開始
2017/7 カナダ・トロント地区の企業であるLocalCoinATMがライトコインの取扱を開始、ATMで購入可能に
2017/6~ ビットコイン分裂問題が世界中で騒がれるようになり、争点となっていたSegwit(セグウィット)の導入が既に終わっているライトコインへと注目が集まり、避難先通貨とされて価格が高騰する
2017/4/19 日本国内で最も多くのアルトコインを扱う取引所、コインチェック(coincheck)がライトコインの取扱を開始
2017/4 Segwit(セグウィット)導入決定
2017/3/22 ニューヨークの仮想通貨取引所であるCoinbaseがライトコインの取扱を開始
2015/8 マイング報酬の半減期を迎え、ブロックあたりの報酬が50LTCから25LTCとなり、その影響で価格が上昇
2011/10 元GoogleエンジニアのCharlie Lee氏がライトコインを公開

ライトコイン(LTC)について

ライトコインはビットコインと基本的な通貨の仕組みは殆ど同じですが、 ビットコインよりも流通量(埋蔵量)が多く、採掘や取引も労力がかからないような形にして、 流通や取引に利用しやすくすることを目的に開発された通貨です。

ビットコインのブロック生成の平均時間は約10分で埋蔵量は約2100万枚ですが、ライトコインは約2.5分、8400万枚という違いがあります。その代わり、ビットコインと比較してマイニング難易度が下がったことでハッキングリスクが若干上がっています。

その他の特徴として、データ量の増加により決済の速度が遅延する、スケーラビリティ問題をある程度まで解消することが出来るSegwit(セグウィット)を導入しています。

ビットコインも2017年8月9日にSegwitがロックインされ、24日にアクティベートされましたが、ライトコインはそれに先んじて2017年4月には導入が決定されていました。

ライトコイン(Litecoin)とは?
アルトコインの中でSegwitを導入 スケーラビリティ問題を解消するSegwitの導入に成功した ビットコインの…
ライトコイン bitbank

おすすめ取扱取引所

取引所 解説
bitbank

bitbank

取引手数料がマイナス0.05%のbitbank.cc、追証なしレバレッジ最大20倍のビットコインFXが出来るbitbank Tradeの二つの取引所を運営。販売所機能はないが、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、モナコインは日本円建てで取引可能。

coincheck

2017年3月より、ビットコインの現物取引高はbitFlyerを抑えて取引量No.1。主要なアルトコインの販売も行っているが、アルトコインの取引は出来ない点に注意。

Poloniex

世界最大級の仮想通貨取引所。60種類以上のアルトコインの取扱いがある。 国内に在住しながらアルトコインの取引を行いたいのであれば、口座開設しておきたい取引所。
BITTREX

BITTREX

取扱いアルトコインはPoloniexを超える190種類以上。ICOを迎え上場した新しいアルトコインや、無名のアルトコインなどを積極的に取扱う。
ライトコイン bitbank

おすすめウォレット

LoafWallet
iOS
LoafWallet公式サイト
LoafWalletはライトコイン専用のiOSウォレットです。ベースはビットコインのbreadwalletなので堅牢性が高く、操作もしやすいメリットがあります。また、iOSウォレット自体があまりないため、iphoneで使える貴重なライトコインのウォレットになります。