シンガポール、ブロックチェーン関連事業がICOを実行する好ましい目的地に

シンガポールはブロックチェーン事業に積極的
規制をしつつも自国通貨のトークン化導入など、ブロックチェーン事業の支援をしている。
ICO活動の発展のために規制をしていく
起業家、投資家を保護するために仮想通貨やICOの規制をしっかりして発展を目指す

ブロックチェーン関連会社の間で、シンガポール都市国家は徐々にイニシャル・コイン・オファリング(以下ICO)を遂行する目的地としての人気が高まっています。

もともとシンガポールは低い税金寛大な規制基金調達の容易さなどの理由から、スタートアップ企業には人気の場所となっています。さらに過去にはすでに多数のICOを成功させています。

シンガポール、ブロックチェーンおよび仮想通貨の支援と規制の奮闘

シンガポール政府はシンガポール金融庁(the Monetary Authority of Singapore)を通しフィンテックを支援する複数のプログラムを始動させました。その中の一つはフィンテックのプロジェクトやアプリケーション開発用の割当額が2.25億シンガポールドルにもなり、それはおよそ1.16億米ドル(原文執筆時参考)に値する額になります。

さらに、シンガポール中央銀行は『Project Ubin』と呼ばれる事業の下、トークン化されたシンガポールドルを導入し、さらなる電子資産導入を促しています。なおそのトークンはイーサリアムベースのブロックチェーンで入手できるように発行されています。この事業はトークン化およびブロックチェーン技術を利用し、銀行間の支払いネットワークで使用可能な機能性の高い新しい方法を作り上げるのが目的です。

一方、シンガポール金融庁はICO活動を保護するために仮想通貨の規制にも取り組んでいます。さらに機関は資金洗浄を防ぎ、シンガポールの『金融界の中心地』というイメージを保ちたいと願っています。また、正しい規制を行うことによって、投資家は保護されさらに多くの人がICOに参加することができるでしょう。

しかしシンガポール金融庁によると懸念されるのは仮想通貨が『単なる仮想通貨の機能』を超える進化を遂げたために、通貨、トークンまたは有価証券の区別がはっきりしないという点です。

金融庁の声明の一部によると、『電子トークンの機能は“単なる仮想通貨”以上の進化を遂げました。一例では、デジタルトークンは発行者の資産や財産を証明する所有権や担保権になることも可能です。』

Singapore Becomes Favored ICO Destination for Blockchain Companies

SEP 05, 2017 Joshua Althauser

原文はこちらから

CoinPostによる考察

現在、各国が仮想通貨の対応を始めています

シンガポールは自国通貨をブロックチェーン上でトークン化するプロジェクトやフィンテック事業の支援をするなど、このような事業に関して積極的です。

大きな発展をとげている仮想通貨とICOの規制を整えることで、より一層シンガポールで起業、ICOの数は増加していくことになるでしょう。また、シンガポールは金融センター、国際決済で世界上位であり、仮想通貨市場が大きくなることで国としてもさらに成長していくでしょう。