韓国裁判所、Bitcoinの押収を違法宣告

韓国裁判所、仮想通貨は没収の対象とならないとする判決を下す
中国の規制方針に対して、韓国の今回の判決は世界にとって仮想通貨の法的扱いの潮流を新たに形成していく可能性があります。

仮想通貨を使った違法活動をしていた疑いがあるとして、韓国警察は疑いのある人物から216BTC(ビットコイン)を押収しました。今まで韓国裁判所はビットコインやデジタル通貨の押収は違法だという宣告をしていました。

それに対しスウォン(Suwon)地方裁判所は、「ビットコインをはじめとするデジタル通貨は没収の対象とならない」とする革新的な判決を下しました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

規制者へのメッセージ

韓国はビットコインに対して前進的な規制また法律を持つ国の一つであり、今回の裁定は国内だけでなく世界中に衝撃を与えることになるかもしれません。

中国は仮想通貨に対してこれとは反対の姿勢をみせる中、社会主義国はイノベーション技術に対して強硬なスタンスをみせています。

しかしながら、韓国の裁判官がビットコインは押収対象の商品ではないと宣告した前例を作ったことにより、他の国々がこの流れについていくかもしれません。

物体的な価値の基準の特定が難しい

ビットコインの価格変動はこの宣告の後、安定する可能性すらみせています。現地のKyunghyang新聞の記事によると、押収は違法の理由は以下の通りです。

ビットコインの物体的な価値の基準を特定できないために、押収をすることは正しいことではない

さらに、仮想通貨として存在するビットコインには物理的な証拠がないために、そもそも押収できるものはないと裁判官は言います。

この発言から裁判官がビットコインは価値があるものだと認識してたこととも捉えられますが、絶えず変動する仮想通貨に対するなんらかの取り締まりや規制する方法を模索している、という意味も含まれているでしょう。

ポルノグラフィ・ビットコイン

この事件はそもそも違法のポルノサイトを運営していた人物が起こしたものでした。

ウェブサイトでは多数の会員がいましたが、運営者は一度も会員費を国に申告していませんでした。このビットコインに関しては、直接集金されていたもの、または、集めた資金をビットコインに後々変えていたのか?それに関しては未だ詳しく言及されていません。

South Korean Court Declares Bitcoin Confiscation Illegal

SEP 11 2017,Darryn Pollock

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。