無料でコインが貰える配布コイン一覧

ウォレットに通貨を保有することで通貨を無料でもらえる
一定の条件を満たせば、通貨を保有することで配当コインを受け取ることができます。
コインの知名度、保有者を増やすことが主な目的
コインを無料配布する目的は、コイン自体の知名度を上げることやホルダーを増やすことが主な理由です。

無料で増える配当コイン一覧

無料で通貨を配布する方法はいくつか種類があります。

現在では、保有しているコインの何割かを配当するAirDropやマイニングのように取引を承認することで配布されるハーベスティングなどの方法があります。

AirDrop

AirDropとは、特定のアルトコインをウォレットなどに保有することを条件に新しいコインが配当として無料配布されるシステムです。

これはコインとしての認知度や保有者数の増加を狙いに行われています。

しかし、AirDropを装った詐欺も多発しているので注意しましょう。

AirDropを受け取る際には特殊な条件、方法が必要になる場合もありますが、通貨を保有しているウォレットの秘密鍵を教えるなどと言ったことは絶対にありえません。

上記にような条件を指定された場合、詐欺と認識して下さい。 基本的に必要なことはウォレットに通貨を入れておくことだけです。その他にも必要な条件が出てくる場合もありますが、それに関しては公式のウォレットを確認する、または信用のおけるサイトの情報を確認するだけに留めておくほうが良いでしょう。

Byteball
Gbyte,BTC
月に一度、満月の日(配布されない月もある)
Byteballの公式ウォレットにGBYTE,BTCを所有している場合AirDropが行われます。保有しているGBYTEの10%、ビットコインであれば16BTCごとに0.1 GBYTEが報酬として付与されます。
仮想通貨 Byteball(バイトボール)とは
エアドロップで月に一度、通貨の保有量に応じた報酬を無料で取得 公式のウォレットに所有しているGBYTEの1...
OmiseGO
ETH
イーサリアムをイーサリアムブロックチェーンのBlock3988888の時点で保有していた方。(日本の時間で約2017年7月8日1時36分56秒の時点が目安) その時点で0.1ETH以上イーサリアムウォレットに保有していた方。(0.1ETHでももらえない報告があるので、正確には0.1ETHより少し多く必要みたいです)
仮想通貨 OmiseGoとは?
2017/9/14にOmiseGoのAirDrop実施について記事を書きました。 そこで、OmiseGoとは一体どんな仮想通貨...
WAVES
WAVES
月に一度
ウォレットに保有しているWAVESを特定のプールにリースすることで無料配布を受け取ることができます。 最も大手のプールは「WAVESGO」です。

ハーベスティング

ハーベスティングとは、通貨を一定以上保有している人が取引を承認することで、取引者が支払った手数料を報酬としてもらえる仕組みです。

NEM
NEM
取引量に応じる
NEMはマイニングではなくハーベスティングを採用しており、10,000XEM以上の保有者が取引を承認することで、取引社が手数料で支払ったXEMを受け取ることができます。
※100万XEM以下の方がハーベスティングを行う場合、マスターノードにハーベスティングを委託する形になるため、少額のXEMを支払う必要があります。完全無料ではありません。
仮想通貨 ネム(XEM)とは?
日本が多く関わる仮想通貨 開発者に日本人がいたり、日本の取引所社長理事に選出されたりと日本でニュ...

その他

NEO
NEO
NEOはマイニングや対象のウォレットに保有することで取引する際の手数料であるGASを保有数に応じて配当されます。GASはNEOとは別の通貨であるものの、互換することも可能です。
仮想通貨 ネオ(NEO)/旧アントシェアーズ(Antshares)とは?
ネオ(NEO)、旧アントシェアーズ(Antshares)はイーサリアムと同様スマートコントラクトを実装しており、アリババ等の大手企業と提携している中国の仮想通貨です。

まとめ

最近ではAirDropといった無料配布を実施している仮想通貨が増えつつあります。

無料配布をすれば、コインの知名度が上がり、ホルダーも増やすことが目的として行われています。

無料配布コインが欲しい方は条件や配布される期間を踏まえた上で対象コインを保有しましょう。