上海市場から遠のく仮想通貨取引

中国のICOは廃止され、投資家に返済するように規制
対象である90%のICOは返済したが、残りのICOは資金返済を拒否している
規制に反対する場合は規制がさらに厳しくなる可能性も
投資家や取引所の反対が続けば、中国政府は規制を強化する方針のため建設的な話し合いが必要である

9月23日(土)、CCTVニュースで報道されたように上海の17つの取引プラットフォームが仮想通貨の取り扱いを廃止することが決まりました。BTCChina、Binance、SZZC、Lhang、ETCWin、Bitekuang、51SZZC、Hanbiwang、Bitbill、19800Net、FreeWillex、ICOAGE、91ICO、ICOrace、ICOfox、ICORaise及びICO17は市場に在するICO運営やその事業計画にはこれ以上関与しないと公言をしました。

中国のインターネット金融技術・保証の国家専門家らの報告書によると、中国では2017年1月から7月までの間に65のICOプロジェクトが完了し、それらの投資総額は2,616億人民元(翻訳時為替参照:約3,962億ドル)に上ります。2017年以前は、たった5つのICOプロジェクトしかありませんでした。

9月4日、中国人民銀行(PBOC)が

ICO活動は未だ公認されない公共資金調達方法のために違法である

と正式な発表をしました。直ちに全てのICO活動の取り締まり、上海市及び上海PBOC本部は9月30日までに全仮想通貨取引を廃止させると発表しました。その後、上海政府が介入し投資家が投資金の返済を受け取れるよう全活動を監視する事態まで発展しました。

すでに9割以上のICO事業が調査され、返済されました。さらに返済を円滑にするために、各取引プラットフォームの最高幹部らは上海に留まり返済活動に協力するように求められています。

一部投資家は返済を拒み、その理由の一つは既に始動したICOは海外で取引されているために、返済をすることでトークンの所有放棄してしまう恐れがあるからです。トークンの価額は上昇傾向にあるために、投資家らはICO公開時の価額以上の値段で売却することを望んでいるのです。この点に関して、上海規定者は『投資家の権利や利益を守ることは第一原則である』と説明します。彼らは投資家及びプラットフォーム側とのよりよい話し合いを促しています。

Shanghai Losing Cryptocurrency Trading Market

SEP 22 2017 By Willie Tan

参考記事はこちらから
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPost考察

中国の仮想通貨規制が発表されてから落ち着きを見せている市場ですが、発表の通り中国国内の取引量は減少しています。

ICOプロジェクトの幹部は国外に逃げないように監視され、返済するように厳しい監視下にあるようです。これらの流れから、将来的に中国でICOが行われる場合はしっかりとルールに従わなければならず、違法なプロジェクト等は排除され、投資家を守るための動きでもあると考えられます。

現在までに不透明であると判断されたICOの90%が返済されたということで、対象プロジェクトの取り締まりは終盤ではないでしょうか。今後はKYCが強化され、精査されたプロジェクトや取引が行われていくと考えられます。