EUの予算改正案はブロックチェーンによる資金調達が必要に

EUの2018年予算案にブロックチェーン関連の改正案が含まれる
WiFi4EU計画の一部が明らかに
EUの予算改正案はブロックチェーンによる資金調達が必要に

EUの2018年予算案には、4つほどのブロックチェーン関連の改正案が含まれています。

昨日発表された公文書では、ブロックチェーン技術を応用したEU全体で利用できる無料Wi-Fiアクセス計画「WiFi4EU」とこのプロジェクトを担うグループへの資金提供に関する提案が公開されました。

「WiFi4EU」ブロックチェーンプロジェクトに関連する改正案には二つのグループの名前が記載されており、社会民主進歩同盟に1000万ユーロとParliamentary committee on industry, research and energyに100万ユーロをこの新構想の資金として割り当てることを提案しました。

改正案の目的は「実現の可能性に対するテストを経て、EU機関と人々の相互作用でのブロックチェーン技術の有用性の確認」です。

予算書は以下のように続きます。

「このプロジェクトは、WiFi4EU計画にブロックチェーン技術を応用することで、今まで国の支出が不透明だった部分を補い、Wi-Fiの基盤を取り付ける民間企業へのEUからの支払いに透明性や追跡、さらには元帳に登録された取引の可視化を可能にします。計画はオープンソースソフトウェアを使い、ブロックチェーンサービス(Govchains)による加盟国の協力も求めます。」

WiFi4EU計画は最初5月に3年間の無料Wi-Fiを提供するという目的をもって1.2億ユーロの予算で公開されました。

2018年の予算案にはDLT(distributed ledger technogolies)を用いた移住者などを支援する会社やグループを援助する提案も含まれています。

100万ユーロ投資の一部はDLTプラットホームを開発している会社に割り当てられ、追加の100万ユーロは議会がどのようにDLTアプリケーションを効果的に利用できるかを分析することを目的とした、Horizontal Task Forceに割り当てられます。

このタスクフォースはブロックチェーン開発やDLTを分析するために作られ、2015年に初めて公開されました。

EU Budget Amendments Call For Millions in Blockchain Funding

Sep 22, 2017 Nikhilesh De

参考記事はこちらから
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

コインポストの考察

仮想通貨を支えるブロックチェーン技術の応用は、今では国の枠組みを超え、世界を変革する段階にまで至っています。

特に重要となるのは、国の予算支出に関する透明性です。

今まで不透明で、税金を納める国民でさえ、詳しい内容は把握できていませんでした。

ブロックチェーンを利用することでの支出可視化による、不正や汚職の改善に大きく役立つことに間違い無いでしょう。

日本でもこの問題は大きく取り上げられていることから、今後日本でもブロックチェーン技術を利用したより良い政治へと変革することを節に願います。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。