金融庁が仮想通貨交換業者登録一覧を発表/16社がリスト入り、16社が審査中

10月1日の日本の取引所登録制度の施行を前にして、金融庁が仮想通貨交換業者登録一覧を発表
リスト入りした16社の中にはビットフライヤー、Zaif、SBIバーチャルカレンシーズ、GMOコイン株式会社、Bitbankが入っています。コインチェックはまだリスト入りしていないです。

金融庁により、10月1日の日本の取引所登録制度の施行に伴う、仮想通貨交換業者登録一覧が公開されました。

登録されたリストにはすでにSBIバーチャル・カレンシーズやGMOコイン株式会社、ビットフライヤー、テックビューロ株式会社(Zaif)、BitBankを含む16社がリスト入りし、16社が継続して審査中となっています。

アルトコイン取扱数が多い日本国内で人気の取引所、コインチェック(coincheck)は恐らく16社の内の継続審査中に入っているかと思われます。

また、コインチェクから公式でリスト入りはまだ果たしていませんが、取引通貨を多く有しているため他の取引所より多く時間がかかっているとのことです。申請は完了しているため10月1日を経過したとしても2ヶ月間は問題なく取引所をご利用になれます。と発表がなされました。

また、ビットポイントジャパンは現状では取扱通貨がビットコインとイーサリアムだけですが、XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)が追加されています。

※追記

12月1日に仮想通貨交換業者が新たに4社追加されました。

金融庁が新たに仮想通貨交換業者を4社登録/コインチェックはいつになるのか?
金融庁が仮想通貨交換業者を追加で4社登録しました。しかし、その登録された中には国内大手取引所のコインチェック(coincheck)の名前がありませんでした。

また、12月26日に更に1社(株式会社BITOCEAN)が追加されました。

12月1日、26日に追加された仮想通貨交換業者
取扱業者名 取扱仮想通貨
株式会社東京ビットコイン取引所 BTC(ビットコイン)
株式会社ビットアルゴ取引所東京 BTC(ビットコイン)
エフ・ティ・ティ株式会社 BTC(ビットコイン)
株式会社Xtheta BTC(ビットコイン)
株式会社BITOCEAN BTC(ビットコイン)
9月29日に発表された仮想通貨交換業者登録一覧
取扱業者名 取扱仮想通貨
株式会社マネーパートナーズ BTC(ビットコイン)
QUOINE株式会社 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 BCH(ビットコインキャッシュ)
株式会社bitFlyer BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 ETC(イーサリアムクラシック)、LTC(ライトコ イン)、BCH(ビットコインキャッシュ)
ビットバンク株式会社 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モ ナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社 BTC(ビットコイン)
GMOコイン株式会社 BTC(ビットコイン)
ビットトレード株式会社 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、MONA(モ ナコイン)、BCC(ビットコインキャッシュ)
BTCボックス株式会社 BTC(ビットコイン)、BCC(ビットコインキャッ シュ)
株式会社ビットポイントジャパン BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、 XRP(リップル)、LTC(ライトコイン)、BCC(ビッ トコインキャッシュ)
株式会社フィスコ仮想通貨取引所 BTC(ビットコイン)、MONA(モナコイン)、 FSCC(フィスココイン)、NCXC(ネクスコイン)、 CICC(カイカコイン)、BCH(ビットコインキャッ シュ)
テックビューロ株式会社 BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、MONA(モナコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、XCP(カウンターパーティー)、ZAIF(ザイフ)、BCY(ビットクリスタル)、SJCX(ストレージコインエックス)、PEPECASH(ぺぺキャッシュ)、FSCC(フィスココイン)、CICC(カイカコイン)、NCXC(ネクスコイン)、Zen(ゼン)、XEM(ネム)
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

取引所登録制度について

簡潔に述べると、仮想通貨交換業者を、利用者保護やマネーロンダリング対応等の理由により登録事業者にしようとするものです。

そして、登録事業者が取り扱う通貨の種類も、利用者保護、公益性等の観点からチェックを受け、問題がないか随時確認されることになります。

今後は、日本国内で仮想通貨の交換を事業とする場合は、この制度によって登録を受けたサービスのみを行うことが出来るようになります。

上記した「仮想通貨の交換」とは、購入や売却だけではなく、他の仮想通貨との交換を含みます。

仮想通貨交換業者登録一覧

2017年9月29日

参考記事はこちらから