【中国】ICO取引所禁止を経てビットコインを含む仮想通貨を「仮想資産」と制定

10月1日から禁止令が本格化される予定であった
本来、9月までに全仮想通貨取引は活動を廃止する予定であり、10月1日から発効が本格化する予定でしたが一部の仮想通貨取引所は活動を許可されています
今回の取り締まりは元々全国レベルではない
一部メディアによると、今回の取締はもともとルールに従っていない小規模なプラットフォームに向けられたものなので、全体的に発効されることはないと報じられている。

中国メディア支局Jinse.comは、中国の仮想通貨使用取締法は2017年10月1日から本格的に法律化すると報道しました。Jinse社は今年3月15日に投票、認定された中国仮想通貨取締法は、『中華人民共和国民法の一般原則(General Principles of the Civil Law of the People’s Republic of China)』の立法に組み入れられると言明しました。さらにJinse社は10月1日から発効予定の中華人民共和国民法の一般原則で、仮想通貨が規制されるのは初の事例だと報道しました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

中国法の下では仮想通貨は『バーチャル資産』に分類される

Jinsen社の報道によると、中国法の下では仮想通貨は『仮想資産』と扱われるそうです。大学教授であるデン・ジアンペン氏は『ビットコイン及び仮想通貨などはバーチャル資産として扱われます。』と述べました。

仮想通貨が『中華人民共和国民法の一般原則』の立法に介入されるということは、近年の中国政府による仮想通貨取引の厳重な取り締まりは、使用及び所有禁止は国内全体までは影響しないことを示しています。

Jinsen社はこの推測を『取り締まりは最初から最後までビットコインを禁止することを言及していないため、政府はビットコイン自体は大きな問題だと思っていないようです。』と強調します。

Jinsen社はさらに取引の取り締まりはそもそも『小さなプラットフォームが資金洗浄及びKYC(Know Your Customer)という顧客確認の政策を真剣に実行していない』がためにそれらの取引所に向けられたものであると主張します。

また、Jinsen社の報道ではPBOC(中国人民銀行)の調査後に大手仮想通貨取引所は再開される方向性を示し、今回の厳重な取り締まりは一時的なものであるだと示しています。

OkCoin及びHuobiの取引所運営に関する憶測

今週、大手ビットコイン取引所であったBTCC人民元及び仮想通貨の預入を廃止しました。しかし先月末で全取引は廃止されるはずでしたが、BTCCは10月末まで引き出しは継続されると述べました。

全国的に発効されるはずであった中国政府の取り締まりが、予定日直前に『Okcoin及びHuobiは例外』と発表したことを受け、現存で活動を続けている取引所はこれからも中国内での活動が許可される数少ない取引所になることを暗示しています。

Virtual Currencies Expected to be Regulated in China on October 1st

Sep, 30, 2017 by Samuel Haig

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

まずICOが投資家を保護するために禁止され、その後ビットコインの取引が禁止されましたが、これはビットコイン自体が違法なものではなくビットコインを利用した資金洗浄やKYCの整備のためのものでした。

また、今までは規定がなかったもののこれからはビットコインをはじめとする仮想通貨は「仮想資産」と扱われ、仮想通貨取引所の停止も一時的なものであり徐々に取引が再開されていくのではないでしょうか。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。