ウォール・ストリート・ジャーナル:ゴールドマンサックスが直接的にビットコイン取引を計画

ゴールドマンサックス社がビットコインなど仮想通貨取引を検討中
一部のジャンルでの収益性が21%低下・トランプ政権による影響を受けている可能性が考えられます。
ゴールドマンサックス社は昨年から収益に苦しんでいる様子
アメリカ証券取引委員会(SEC)によるICOの取締りが行われている中でこのような舵取りとなった背景には、新しい市場を模索し、試行錯誤している様子が伺えます。

例えデジタルマネーであってもお金がものを言うようです。ウォール・ストリート・ジャーナルによるとゴールドマン社は投資者にビットコインでの直接取引を可能にすることを考えています。

これによってゴールドマン社は投資家に急成長している仮想通貨市場へアクセスする許可を与える最初のウォール・ストリート会社になります。他の会社はGrayscale’s platform (GBTC)などはありますが、ゴールドマン社は投資家のために今までになかった新しい市場を開きます。

会社のスポークスマンは以下のように述べました。

デジタル通貨に対する顧客の興味に反応してどのように役立てるかを調査しています。」
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨の規制が増える?

このニュースによって仮想通貨の急激な合法化だけでなく、ビットコインや他の仮想資産の政府規制機関による精密な調査が多くなることは間違いありません。

すでに連邦準備銀行は仮想通貨をより徹底的に研究していることを述べ、すでにアメリカ証券取引委員会(SEC)はICOに関して取り締まり規則を提出しました。

揮発性が必要に

ゴールドマン社は今年の強気市場の中でも収益がかなり縮小(昨年から21%も)してしまい、この問題は市場の変動率と結びついていると思われています。会社は株式市場でのパニックによる買い売りを利用できずにいたため、投資者の利益に繋がる価格変動がある新たな源を探しています。

この件に関してウォール・ストリート・ジャーナルは以下のように述べています。

ウォール・ストリートの中でも最も素早く機転の利く取引社と言われているゴールドマンは同業社の中でも苦しみました。確定利率収入の分野での収益は商品及び通貨の低迷によって昨年から今年の6月までに21%落ちました

ビットコインにとって増える主流投資家の採用が良いのかどうかは未だわかりません。しかしながら、このような注目によってJamie Dimonが先日ビットコインは詐欺だと言及したことなどの他の銀行頭取の以前の判断が問われ始めます。

WSJ: Goldman Sachs Planning Direct Bitcoin Trading

OCT 3, 2017 By Jon Buck

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

ゴールドマン社は昨年から収益が低迷しており、収益の回復のために活発な動きのある市場を求め、そこに仮想通貨市場に目を向けようとしているのではないでしょうか。この計画にはトランプ政権と政策とも関係している可能性もあります。ゴールドマン社がこのような計画を立てていることは、他の金融企業にも少なからず仮想通貨市場を取り扱うのか影響を与えるでしょう。