アメリカ商務省がアラブ首長国連邦でのブロックチェーン取引任務を支持

アメリカはドバイのブロックチェーン政策を支援する
アラブ首長国連邦でアメリカも関与しているブロックチェーン取引任務が行われます。

今週、アメリカ商務省が支持する取引任務でブロックチェーン業界の代表者がアラブ首長国連邦(UAE)にいます。

ワシントンDCにあるデジタル商工会議所によって計画されたその任務にはいくつかの会社(Bloq, Cisco, CMT Digital, Cognizant, Gem, Hogan Lovells, Netkiを含む)の役員が参加しており、公共及び民間部門の役員とのミーティングが10月1日から5日の間に行われています。

アラブ首長国連邦の中ではドバイが現在まででブロックチェーン技術に最も積極的な姿勢をとり、任務はその地域でテクノロジーが成長するきっかけとなるようにすることです。

ドバイはその指導力によって過去2年間で公共部門における利用方法で革新的な経過を示し、操業開始への投資やブロックチェーンを利用したデジタルパスポート計画など色々な使用事例の遂行のためにIBMなどの会社に目を向けています。

UAEアメリカ大使のBarara Leaf(リーフ氏)によると

「一流アメリカ財務テクノロジープロバイダーが金融取引の正当さを保証するためにUAEの銀行、投資会社及び政府機関と最近のブロックチェーン技術開発を共有しています。アメリカ財務テクノロジー会社は世界でこの技術を初めて使う政府の一つになろうとしているドバイのビジョンを援助をするために独自の姿勢を示しています。」

デジタル商工会議所によると、この取引任務はドバイ市全域の統治主導権を含む進行中のブロックチェーン政策に対するアメリカ会社の役割を促進させます。

US Commerce Department Backs Blockchain Trade Mission to UAE

Oct 3, 2017 by Stan Higgins

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

アラブ首長国連邦のドバイは先進的な技術を採用することで有名です。

最近では空飛ぶタクシーの試運転を開始するなど、生活を変える技術や政策を取り入れています。

現在、各国でブロックチェーン技術を採用する流れになっています。ドバイでもこの技術を採用し独自通貨emCashを発行する発表をし、様々な分野に応用しようとしています。

アメリカは世界の先を行くドバイを支援・協力することで、共に発展することを目指しているように思えます。