NEMが韓国市場進出!メタップス+の取引所Coinroomに上場決定!

メタップス+の取引所CoinroomにNEMが上場決定!
メタップスの韓国子会社であるMetaps Plusの取引所「Coinroom」にNEMが上場することが発表された
CoinroomのPLC(Plus coin)トークンとCOMSAトークンの相互上場が発表されたニュースもあったため、更に両社の関係が深まったと言えるでしょう。

NEM(ネム)ブロックチェーンプラットフォームの作成者であるNEM.io Foundationは、Metaps Plusが既存の支払い構造にNEMのブロックチェーン技術を採用すると発表しました。

日本企業メタップスの連結子会社であり、モバイルマーケティングプラットフォームを開発し、ソウルを拠点とする韓国Fintech企業のMetaps Plus Inc.は、NEMのブロックチェーン技術を統合してより効率的でシームレスな支払いプロセスを導く方法を検討していると語りました。

また、Metaps Plusは韓国に仮想通貨取引所である「Coinroom」を設立するためのICOを行う予定であり、NEM(ネム)はその「Coinroom」に2017年11月11日に上場決定したと発表し、これにより韓国初のNEM(XEM)取扱い取引所となる予定です。

※2017年11月13日追記

11月11日にcoinroomはオープンしましたが、NEMは上場されませんでした。韓国ニュースサイトによると、coinroomは11月11日にオープン後、段階的にNEMとCOMSAトークンを上場していくとのことです。

NEMのAPI技術をMetaps Plusに統合し、NEMの公式開発パートナーであるKchainとの戦略的システム統合パートナーとして現行業務を統合するとのことです。

Metaps PlusのCEOであるSuungyeon Kimはこう語りました。

「NEMは、仮想通貨業界の中でも最も経験豊かな企業の1つで、ブロックチェーン技術を韓国の最大の可能性に活用するのに役立つ完璧なパートナーです」

「この提携により、CoinRoomにXEMを掲載し、先進的なブロックチェーンソリューションを実装することを楽しみにしています」

また、NEM財団のJeff McDonald副社長はこう語りました。

「韓国では、ブロックチェーンと仮想通貨に対しての関心が高まっており、主要な市場の1つとして成長し続けるでしょう」

「NEMは韓国で強い存在感を確立しようと計画しており、そのような尊敬出来るパートナーとのパートナーシップは、大きな前進となるでしょう」

Metaps Plusは最近、ICOで32,623以上のETHを調達した(2017年10月10日に終了予定)EthereumベースのトークンPlusCoin(PLC)を発表しました。

更に、Metaps Plusが今年ローンチ予定である韓国の取引所「Coinroom」、そしてZaifとで、COMSAトークンとPLCトークンの相互上場も発表されています。

NEM Foundation Partners with Metaps Plus, XEM to be listed on Coinroom

October 10, 2017

参考記事はこちらから
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPostの考察

韓国で取引所開設を目指すメタップスプラスの取引所にNEMの上場が決定しました。

韓国市場は世界の仮想通貨取引量に大きなシェアを持っている、世界的な仮想通貨大国であり、韓国上場のニュースはネムにとって大きな意味をもたらすでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。