SwiftのカンファレンスSibosにてスマートコントラクト社が、大手金融機関五社と取引を発表

Swift社が大手金融機関と協力し、売買や配当金支払いのプロセスを簡素化するスマートコントラクトを発表
大手金融の信頼性のあるデータを使うことにより可能になり、コイン売買などに要する時間とコスト削減が間もなく可能になるかもしれません。

Swift Sibos会議にて、ブロックチェーンスタートアップ「SmartContract」は正式に大手金融機関五社の新proof-of-concept (PoC)アシスタントを発表しました。

バークレイズ、BNP Paribas、Fidelity、Societe Generale、Santander社の金利データを利用することで、スマートコントラクトが売買及び配当金支払いを容易化する方法を示すためにデザインされています。今まではこの技術が躍進するために必要な信頼性のある高度な情報源が欠けていたため、このニュースはスマートコントラクトコンセプトの著しい大きな一歩となります。

CoinDesk社と対談中である、SmartContract.com CEOのセルゲイ・ナザロフ氏はPoCはSwiftや他社がやがて起こるスマートコントラクトベースの株や債券の激増に備えるための方法だと主張します。ナザロフ氏は以下のようにコメントをしています。

「多数の人がスマートコントラクトが素晴らしい有価証券、保険証券になると言いますが、私自身は全てに対して優れていると思います。しかしそれらに効果的に機能するには利用者が望むユーザーエクスペリエンスを提供しなければいけないのです。」

そのユーザーエクスペリエンスこそ多くの人によって信頼されているブロックチェーンデータの統一が必要なのです。例えば、ナザロフ氏曰くそのようなデータを使い配当金支払いの際の時間とコストが掛かる非営利プロセスを簡素化することができたと話します。

この技術のデモ版は昨年Sibosで行われたスタートアップチャレンジで$100,000(約1,122万円)を勝ち取り、スタートアップ急成長時代の成果と見れるでしょう。 それ以降、従来データ源をブロックチェーンに繋ぐ設計をされているミドルウェア会社のSmartContract.comは$3,200万(約36億円)相当のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)の成功を修め、IC3とTown Crier oracleを利用する契約を結びました。

スマートコントラクトの使い方

PoCの場合、SmartContract オラクルを利用し金利を各五社から(スタートアップが言う)「市場レートスマートコントラクト」に移動させます。

そのコントラクトはデータをシングルレートに総計し、100万ドル(1.1億円)分のスマートコントラクト債券の仮想表現に利用されます。そしてチェーン上支払い取引はSwift支払いメッセージに変えられます。

一つのSwiftが扱える量のメッセージを送信するために、スタートアップ企業はSwiftの電子データを互換用ISO 20022規格に合わせるためにプラットフォームを設計しました。

ナザロフ氏によると、その設計はSwiftメンバーがSmartContractプラットフォームでスマートコントラクトを使い支払いをするためにされたものだと言います。

このシステムには、スマートコントラクト社が行なったICO通貨ChainLink(LINK)のシステムが利用されます。

仮想通貨 Chainlink(チェーンリンク)とは/Swiftとの関係性
Rippleとの関係も噂されるSwift(国際銀行間通信協会)と契約を結んでいる SWIFTが例年主催し、20...

「この新しい状況でメンバーの利用数やボリュームがあれば、彼らにスマートコントラクトから支払いをしSwiftネットワークを利用してもらいたいです。現時点でSwiftは多くのスマートコントラクトを様々なチェーンに繋げる機能を持ちません。」 SmartContract.comはそれを達成したいと思っています。

技術の基盤

SmartContractは他のオラクルを利用しStandard & Poor社の様な信用格付け代理店からデータを取り出す計画もしています。この方法により、プラットフォームに繋がった銀行はより優れた投資の定めができます。

良いアイデアに聞こえますが、過去の成功があってもナザロフ氏は短期の将来性を慎重に見ています。これを彼は技術発展を妨げる可能性がある因果関係のわからない問題だと説明します。

コーディングする人はスマートコントラクトに興味を示しますが、彼らが商品を発展させるにはもっと信頼性のあるデータが必要だとナザロフ氏は言います。情報提供者ですらインテグレーション前にスマートコントラクトツールの需要があるのか待っている状態です。

しかしSwift研究開発部長のダミエン・ヴァンダーヴェケン氏はCoinDeckに、ISO20022規格を利用すれば両者または片方の投資家を動かすことができると言います。

ヴァンダーヴェケン氏は、「エンドツーエンドのビジネスプロセスが複数の最適化メカニズムにまたがっている可能性がある。ISO 20022は、そのプロセスがさまざまな最適化メカニズムを通し同じ標準の基で動作することを確実にする最適な起爆剤です。」と話します。

Swift Startup Winner Demos Smart Contract Trade with 5 Financial Firms

Oct 16, 2017 by Michael del Castillo

参考記事はこちらから