リップル社がCSBSのフィンテック諮問機関メンバーとして選出、CSBSとは?

州法銀行監督協会(CSBS)は、業界内の先駆者達を集め、フィンテックアドバイザリー会議を開催することを発表
この会議では、州規制局も参加し、意見交換を行い、将来的に適切な金融インフラ整備を行うことを目的としているようです。そのメンバーの中にリップル社の名前がありました。

業界はVISION2020近代化イニシアチブに向け重要視

リップル社が、アメリカ全土から派遣された銀行規制局が集まった全国規模の機関CSBSの次世代フィンテックアドバイザーである諮問機関のメンバーとして選出されました。

このメンバーには33社が選ばれ、アマゾン社やAlipayBitpay社、Paypal社、Western Union社など金融の各分野ですでに活躍をしている企業が名を連ねています。

これにより、世界金融の中心となるアメリカ経済のフィンテックを含む、金融機関のための州に認可された50もの監視システムを統一することにおいて、非常に重要な役割をになうことになります。

これはリップル社にとって大きな一歩となるでしょう。

詳しい翻訳内容は以下の通りです。CSBSについてわからない方も多くいらっしゃると思います。詳しいCSBSの内容も一番下にありますので、ご利用ください。

今回選ばれた企業は以下の33企業です。

  1. ACTIMIZE
  2. AFEX
  3. Affirm, Inc.
  4. Alipay US
  5. Amazon Payments, Inc.
  6. Avant
  7. BitPay, Inc.
  8. Circle Internet Financial, Inc.
  9. The Citizens Bank of Edmond
  10. Common Bond
  11. Enova International (NetCredit & CashNetUSA)
  12. Envestnet | Yodlee
  13. First Data Corporation
  14. Funding Circle USA, Inc.
  15. Green Dot Corp
  16. IOU Financial
  17. Intuit
  18. Kabbage
  19. LendingClub
  20. LendingHome
  21. LendUp, Inc.
  22. LibertyX
  23. Microsoft Payments
  24. OnDeck Capital LLC
  25. OneMain Financial
  26. Oportun, Inc.
  27. PayPal
  28. Remitly, Inc.
  29. Ripple
  30. Seed
  31. Servicio UniTeller, Inc.
  32. Social Finance, Inc./SoFi Lending Corp.
  33. Western Union

アメリカのワシントンD.Cにて、10月20日に州法銀行監督官協会(以下、CSBS)はCSBSフィンテック業界諮問機関(委員会)に参加する33社のフィンテック会社を発表しました。

この会議では、州規制当局及び業界リーダーを引き合わせ、州の規制システムを近代化する方法を見出そうとしています。

様々な業界、所在、ビジネスモデルの、スタートアップから大企業までを招き入れたことを考慮すると、州規制当局がこの議題に対してどれほど大きな関心を持っているかが見て取れます。

CSBCの議長でワイオミング州の銀行理事を務める、Albert Forkner氏(以下、Forkner氏)は、

「州規制当局はフィンテック分野の先駆者たちからの意見に耳を傾け、消費者やローカル企業がその革新的な技術から恩恵を受け、国全体にできるだけスムーズに行き渡るような行動を起こしたいと考えています。しかし、同時に、我々は、根本的な金融保護やローカルな視点も持ち合わせた既存の州規制システムも残したいとも考えています」

と述べました。

諮問委員会は、送金及び支払い、貸与、そして、地域銀行業改革の3つのグループに分けられています。

参加企業及び州規制当局は、既存の問題点や、国単位での認可、監視の改善可能性について議論する予定です。

この会議は、10月末に執り行われる電話会議にて開始されます。

この諮問委員会は、CSBSのVISION2020の中で、安全性及び健全性、そして消費者保護を念頭に置いた、フィンテックを含む、金融機関のための州に認可された50もの監視システムを統一することにおいて、非常に重要な一つの要素でもあるのです。

CSBSとは?

州法銀行監督官協会(CSBS)は、50州及び、コロンビア特別区、グアム、プエルトリコ、そして、アメリカ領ヴァージン諸島から派遣された銀行規制局が集まった全国規模の機関です。

州規制局は、4850もの州に認可された金融機関を監視しており、多くの州銀行部門では、住宅ローン貸与業者などを含む銀行業以外での金融サービス提供者の監視も行なっています。

このように、CSBSは一世紀以上に渡って、州の監視局に国内会議を提供し、規制される組織の監視の調整を行うなど、規制政策をより良いものにすべく取り組んできました。

CSBSはさらに、州の銀行や金融規制局に対して、トレーニングも提供し、議会や連邦金融規制機関前に説明する役割も担っています。

展望

CSBSは、金融サービスや州銀行業への規制及び監視の高い水準、そして効率性からこの業界のリーダーとして認知されます。

使命

CSBSは、州規制局の金融監視システムをより良いものにすべく、安全性及び健全性、そして、消費者保護を念頭に置き、経済成長を促進し、イノベーションを擁護し、責任ある監視を行うことを目標に州規制局をサポートします。

歴史

CSBSは、ワシントンDCに本社を置く、非営利団体で、州立銀行の監視協会として1902年に設立されました。

1971年にCSBSの役割、業務をより反映させることができる現在の州法銀行監督官協会(CSBS)に名称が変更されました。

CSBSは110年以上に渡って、国の二重銀行制度を保護、改善する唯一の全国団体として貢献してきました。

CSBS Announces Fintech Advisory Panel Members

Oct 19,2017 byCSBS

参考記事はこちらから