価格と価値の違い:仮想通貨を評価する方法

仮想通貨が無数に発行される時代
仮想通貨がICOによって次々に生み出される時代がきています。同じような内容のプロジェクトが数多くあり、価格が軒並み上がるICOバブルも終了に近づいています。
仮想通貨の本質を見極めて通貨に投資する時代が近づいている
このように無数に存在する通貨の中で、本質を見極めてそのプロジェクト自体に投資することが大事になるのではないでしょうか。

仮想通貨投資者にとって大きな価格変動や、投資の状況が刻一刻と変わる忙しい時期が続き、財産が急激に増えたり減ったりする中で「価格」と「価値」の違いを忘れがちになっています。

これまで多くの投資者はquick flip(最も「熱い」仮想通貨やICOに投資をして、ICOセールが終わった後にでた大きな利益を確保するためにすぐに売り払うこと)に着目していました。

この取り組み方自体には問題はなく、多くは成功していました。

しかし、ICOバブルと言われる時代は終わりを迎えつつあり、本質的に評価されるプロジェクトの通貨を買って所持し続けるほうが利益がより大きく出ることが主流になりつつあります。

このような場合投資者はトークンの価格と価値の違いをはっきりと分かっていないといけません。

ICO及び仮想通貨の中には、詐欺通貨も多くあり本質的にプロジェクトを見極めにくいというデメリットもありますが、トークンおよび通貨の中にはポテンシャルが高いプロジェクトも多く存在していることは事実です。

これらのプロジェクトは、すぐに価格の上昇が見込まれなくても結果として、長期的に大きな利益をもたらす可能性があります。

投資者はICOトークン上場がPoloniexやBittrexなどに上場しにくくなってきている現状から、上場後の利益確保のやり方がもう主流でなくなっていることを感じている頃だと思います。

これはICO通貨が軒並み上場するバブルが過ぎていることを暗に意味し、プロジェクトの本質が問われる時代に突入していることを表しているのではないでしょうか?

よって浮利は長期にわたるポテンシャルに置き換えられていきます。

これはICOだけでなく、全仮想通貨にも通用するこれから必要な捉え方になるでしょう。

仮想通貨に投資している方は一度自分自身で、評価しているプロジェクトの現在の価値および潜在価値について問う必要がある時期にきています。

お金を失う最も速い方法は、本質の価値に対して高価すぎる上にポテンシャルが低いトークンを買うことです。

先見の目が十分にある投資者は昨年から現在にかけて、本質的な価値より低価なビットコイン(もしくは上質のアルトコイン)によって膨大な利益を得たことは事実です。

このことからわかるように、チームのビジネスモデルの研究および適切な情報を精査して、購入する銘柄を決める必要があります。

市場においてトークンの需要を駆り立てるものが何なのかを理解することは大切になります。

そのためにはプロジェクトを正確に捉え、個人的な先入観のない評価が必要です。

多くのプロジェクトは成功するためにプロジェクトロードマップを遂行する必要がありますが、逆に投資する人は完璧に成功することはないということを前提に考えることも大事です。

有名企業のその仮想通貨採用による通貨需要はとても大事であり、その技術が注目されるプロジェクトは大きく価格を伸ばす可能性があります。

しかしこれはまだ未来の話であり、確実に起こると考えることではありません。

投資者は価値が推測だけで決定されているプロジェクトで考えるのではなく実用性を捉え、同時に広告を打ち続ける宣伝に流されないことも大事です。

数多くある類似したプロジェクトの中で、トークンの共通点の先を見据えて優秀なプロジェクト固有であり、そのプロジェクトしかない独自の内容に焦点を向けるべきです。

逆に新たなプロジェクトがすでに存在する同じ内容と取れるものをコピーし始めた時には、手を引くことも考えるべきでしょう。

なぜそのプロジェクトにお金を入れているかもわからないまま他の投資者についていく必要はありません。

各投資者は公平で冷静な態度で投資するプロジェクトの現在と未来の価値を評価しなければなりません。

Difference Between Price, Value: How to Assess an ICO

Oct. 6, 2017 by Olusegun Ogundeji

参考記事はこちらから
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CoinPostの考察

仮想通貨バブル、ICOバブルを経て主にビットコインが投資の主流に戻ってきているのは、本質的に価値があるものが伸びる時代に突入していることを意味しているのではないでしょうか?

現在価格を伸ばしていない通貨でも、プロジェクトとしての評価が突出している通貨が注目されています。

投資する通貨ももう一度、他のプロジェクトの類似点を確認した上で、客観的に見極めポートフォリオを組み直す必要がでてきているでしょう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。