量子コンピューターの技術の発展によりビットコイン秘密鍵は10年後ハッキングされる?

プライベートキー/秘密鍵が破られる未来
シンガポール国立大学のリサーチャーが発表した論文によると、推定では2027年に量子コンピュータを使ってプライベートキーをハックできる可能性があるようです。
量子コンピュータの発展はリサーチャーが推定しているより遅い可能性
量子コンピュータの発展がそのレベルに到達するまではかなりの時間を要するという異論もあるようです。

リサーチャー曰く、量子コンピュータの発展によって暗号化(仮想通貨を支える種類を含む)が危険にさらされているそうです。

これはどれだけ早くコンピュータがビットコインのセキュリティを破壊できるかを調査したシンガポール国立大学(National University of Singapore)のリサーチャーによって発表されました。かなり過度な量子コンピュータ発展の推定によると、早ければ2027年にはプライベートキーはハックされると彼らの論文で言われています。

現在のビットコイン暗号化はハックの困難さによって安全性が保障されますが、理論上量子コンピュータはビット(0又は1の数値)以外を使うためより早く働くことができます。量子コンピュータはより多くの値を含むため、又2つの値を同時に扱うために未知に振る舞う素粒子をうまく利用します。

MIT Technology Reviewで初めて発表されたように、リサーチャーは量子コンピュータを使ってマイニングプールやプライベートキーを攻撃する悪用方法を調査をし、マイナー側はウォレット以上に安全であると主張しているそうです。

トランザクションの書き換え

論文によると、ビットコイン利用者にとってより危険なのは取引が未処理のままネットワークに表示される時だそうです。量子コンピュータを使ったハッカーはその取引が正式な物になる前に改ざんできる可能性があるとリサーチャーは発見しました。 しばらくは処理済みのトランザクションは安全のままでしょう。

複数のブロックが処理された後は、パラダイム・シフトコンピューター(paradigm-shifting computer)ですらその台帳を変更できることはないでしょう。

もしプライベートキーが傷つけられた場合、それは仮想通貨だけの悪い知らせではありません。それはメッセージアプリ、SSL証明書、データストレージなどプライベートキー暗号を使った全てを流出することになります。

わずかな希望

リサーチャーが認める通り、この研究結果はプライベートキーが開発された方法に何の影響も与えません。彼らは、『たくさんの方がこの論文で量子PCハックから安全なパブリックキー署名案が提案されている思い込んでいます。』と書きました。しかし、彼らの論文は新しい案を完全に推薦したわけでもなく、廃棄したわけでもありません。

今夏、ペンシルバニア大学のリサーチャーが量子コンピュータを妨害するより丈夫なプライベートキーを提案しました。そして、討論されていたように、量子コンピュータの発展はリサーチャーが推定しているより遅いかもししれないのです。

Quantum Computers Could Jack Your Crypto Private Key in 10 Years, Researchers Say

Nov 9, 2017 by Brady Dale

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

もし10年後にハッキングが可能となる時代が到来するならば、仮想通貨のみならずSNSアプリや全てのプライベートキーを利用したサービスが危険にさらされます。

ただし、10年以内にさらに強固なプライベートキーシステムが生まれる可能性も十分にあり得るでしょう。

今後、企業ではサイバー攻撃に対する対策がさらに重要視されることが予想されます。

 

過去にあった仮想通貨ハッキング記事はこちら。どのようなハッキング事例があったか、また今後どのようなハッキングがが予想されるか参考にしてみてください。

米国証券取引委員会(SEC)、ICO事業及びサイバー犯罪を取り締まるサイバー部隊を編成
米国証券取引委員会は新しいサイバー部隊を編制 SECは以前からICOや仮想通貨に目を付けていて、それらに対応するた...
ビットコインゴールド価格大幅下落、DDos攻撃に合いウェブサイトがダウン
ビットコインゴールドの価格が24日のハードフォーク後に急落しました。アルトコインへの資金流入、DDoS攻撃(サーバの負荷や通量を増加させる、攻撃元が分散化されたDoS攻撃)を受けたことが原因と予想されています。