ビットコインとビットコインキャッシュ価格や相場の秘密

BTCとBCHの相互関係
今のBTCとBCHはハッシュレートの違いで価格の相場が変動しており、どちらかにハッシュレートが移ると価格相場が逆転する動きを見せています。

ビットコインキャッシュの暴騰と急落についてわからない方は、こちらから先に読んでいただければ、ハードフォーク前や価格変動、ビットコインとビットコインキャッシュの流れが把握できると思います。

ビットコインキャッシュ価格が高騰後に急下落した理由と今後の展望
11月14日に予定されているビットコインキャッシュのハードフォークは、分岐による新コイン発生の可能性がかなり低いです。しかし、現状ではトランザクションが詰まっていることが問題視されています。また、BCH価格上昇と下落の要因についても解説します。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
100万円以下の少額投資なら板取引がお得。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
草コイン有り、豊富なアルトコインの板取引が魅力。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインキャッシュとビットコインは相反関係にあるのか?

このグラフの動きを比較して見たときに、驚かれた方は多くいっしゃるのではないでしょうか?

普段はビットコインが上がった、ビットコインキャッシュは上がったとそれぞれ別のチャートで見ているため、気づかないと思いますが、ビットコインとビットコインキャッシュの相場の動きには、かなりの相関関係があります。

相関関係と言っても完全に真逆の動きをする形になっているのがわかります。

特に注目する点は12日のビットコインキャッシュ暴騰時です。

 

またこの記事を投稿する本日11月17日のビットコインキャッシュ相場(右端)とビットコイン相場も同様に対照的な動きとなっています。

では何が相場に影響を与えているのか?

  • 青線:BTCの価格推移
  • 赤線:BCHの価格推移

こちらはビットコインとビットコインキャッシュをマイニングするマイナーのハッシュレートのグラフです。

ここでもグラフで注目する点は「12 Nov」です。

12日を基準として12日以前のBTC下げとBCH上昇、またそれ以降のBTC上昇とBCH下落。

12日を境にハッシュレートの状況が相反していることがわかります。

この観点から考えるとハッシュレートと価格が連動していることが見て取れます。BTCとBCHは同じアルゴリズムを採用しているため、BTCを掘るマイナーはBCHを掘ることができる選択肢を併せ持ち、基本的にBTCとBCH間でスウィッチして状況に応じて変更していると言われています。マイニングのハッシュレートに対してトランザクションの量が過多の状況に陥った場合、通貨は送金遅延や、セキュリティの低下などを引き起こすため、マイナーがどちらの通貨に着くかという点も価格に大きく影響を及ぼしていると考えられています。

2画像を比較対象として用意しました。

上の画像は、その通貨をマイニングする際のマイニングディフィカルティ(マイニング難易度)

下の画像は、マイニングハッシュレート(簡単に言えばマイニングしているマイナーの量)

この2つの画像を見ていだければわかりますが、12日の価格上昇に合わせてディフィカルティが上昇、合わせてハッシュレートも上がっています。

しかし12日まで上昇したBCHのマイニングディフィカルティは、12日の価格下落に合わせてすぐには現象せず、そのディフィカルティを維持しているのがわかります。

この理由にはマイニングデフィカルティの次回変更までの時間が関係しています。

ハッシュレートとデフィカルティのグラフを見てもらえれば違いがわかると思いますが、ハッシュレートは常に上下しているのに反して、デフィカルティはある一定の周期で変更されています。

BTCを例で例えると、マイニングデフィカルティは約2週間周期で変更されるため、価格上昇と共にトランザクション増加によってあがったデフィカルティが維持された状態で、その2週間の間に価格が下落した場合、マイナーの収益計算に影響が出ます。

先述しましたが、BTCとBCHは同じアルゴリズムで、大手ビットコインマイナーはスイッチ一つで変更できる仕組みをとっており、BCHの収益性がBTCより高くなった場合移る形となります。

マイナーにとって一番重要なのは、いかに効率のいいコインを低いマイニングディフィカルティの中マイニングするかという部分で収益を算出しています。

これは2日前のBCHの価格が下落した結果、BCHのハッシュレートが低下し、BTCハッシュが高まったときの収益比較です。

BCHデフィカルティが高いまま維持されて、価格を下落させたことはこの収益性にはマイナスとなるため、BTCの収益のほうがBCHより1.4倍でると表記されています。

よってこの様な状況の場合、BCHを掘っているマイナーはBTCに動くことに繋がります。

逆にBCHが12日に異常に価格上昇した際、BCHのマイニング収益率が2倍近くまで拡大したために、BCHへマイナーが集中しました。 この状況によって、BTCはトランザクションに対するハッシュレートが足りないために、送金遅延を引き起こし、一時13万件のBTCがトランザクション待ちの状態に陥ったのです。

その後、上記に張った様にBCHの上昇による韓国取引所停止を皮切りにBCHの価格が大幅に下落、デフィカルティは維持され続けたため、マイナーがBTCに挙って移動し、逆にBCHのハッシュレートが足りなくなりました。 通貨としてビッグブロックを持つBCHが送金遅延を引き起こした理由は多くの理由がある可能性はありますが、このマイナーのハッシュレートが急激に落ちたチェーンデススパイラルによるものだと考えられています。

マイナーのハッシュレートがなぜ重要なのか?

マイナーがそのコインから離れるということは、通貨自体のトランザクションの詰まりやセキュリティの低下、また手数料の増加に繋がります。

またこの様に高いデフィカルティを維持しつつ、価格下落を引き起こすことによる大量のハッシュレートが通貨から逃げることは、Chain death spiral(前述参照)と呼ばれ、価格下落→ハッシュレートの低下→通貨のトランザクションが詰まる→さらに下落の連鎖が起こり、長期的な下落相場につながる可能性があります。

この様なBTCの詰まりが起きた場合、BCHへシフトするマイナーが多いことでBCHにハッシュレートが移るため、両仮想通貨相場が真逆の動きをする原因と考えられています。

この様に結局のところ、価格の影響によってハッシュが変更されているだけだとも考えることはできますが、このようにトランザクションが過多となり得る通貨にとって、マイナーのハッシュレートはかなり価格への影響を及ぼし、その相場を大きく変える力があることを理解した上で、相場だけでなく、ハッシュレートの比較やデフィカルティを見ることを投資する際の指標にすることはとても大事なことであると言えるでしょう。

仮想通貨ビットコイン最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新
仮想通貨ビットコイン(BTC)のニュースをまとめた特集記事です。価格の下落や高騰についても触れていきます。
仮想通貨 ビットコインキャッシュ(BCH)ニュースまとめ
ビットコインキャッシュ(BCH)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。