ILP(インターレジャープロトコル)とは/ILPでXRPは使用されるのか?

銀行やビットコイン等の異なる台帳を繋ぎ、簡単に送金するようにするための規格「ILP」
リップル社のxCurrentにも利用されていて、世界中のホームページで使われているHTMLやCSSというプログラミング言語を公開しているW3Cがこの規格の標準化を進めています
ILPでXRPは使用されるのか?
ILPでXRPを使用するメリットについては、既にXRPネットワーク開発者の一人であるDavid Schwartz氏が回答済みです。
目次
  1. ILPとは?
  2. 想定されている接続先
  3. ILPでXRPは使用されるのか?
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ILPとは?

ILP(インターレジャープロトコル)とは、銀行やビットコイン等の異なる台帳を繋ぎ、簡単に送金するようにするための規格です。

これはリップル社のxCurrentにも利用されています。

2015年10月にリップル社が提唱したもので、W3C(World Wide Web Consortium)というWeb技術の標準化を進める非営利団体で標準化が進められています。

世界中のホームページはHTMLやCSSというプログラミング言語を使っていますが、こういった仕様を公開しているのがW3Cです。

つまり、世界中のWebに影響力を持つ団体がILPを標準化する、と発表しているのです。

実際にW3CがGoogleやApple、Microsoft、Mozilla、Facebookと共同で仮想通貨での支払いに対応したブラウザAPI(ソフトウェアの一部を公開し、誰でも利用することができるようにしたもの)を開発し、これを採用すると発表されていて、なんとこのAPIにはILPが採用されています

これはW3CのWeb支払い部門の一人が認めたことからも明らかでしょう。

想定されている接続先

ILPで接続を目指していると思われるネットワークについて分類します。

  • ブロックチェーンネットワーク
  • 銀行ネットワーク
  • Paypalなどのネットやモバイル支払いネットワーク
  • クレジットカードなどのポイントといったネットワーク

ブロックチェーンネットワーク

ビットコインやライトコインなどのブロックチェーンネットワークです。

例えば、これらの通貨がILPによって接続されると、BTCとLTCを瞬時に交換することが出来ます。

つまり現状の

ビットコインブロックチェーン→取引所→ライトコインブロックチェーン

という流れが、ILPで接続することで

ビットコインブロックチェーン→ライトコインブロックチェーン

という流れになります。

現在の中央集権的取引所を通さなくなることにより、ハッキングリスク等のセキュリティ問題が解消され、マウントゴックス事件のようなことが起きなくなります。

また、先月のBittrexの口座凍結騒動といったことも起きなくなるでしょう。

銀行ネットワーク

様々な銀行の決済システムネットワークです。

ILPは既にタイのKrungsri銀行で採用されており、これから更に採用銀行が増えていくと思われます。

Paypalなどのネットやモバイル支払いネットワーク

Paypal、Webpay、LINE Payといったネット、モバイル支払いネットワークです。

W3CがGoogleやApple、Microsoft、Mozilla、Facebookと共同で仮想通貨での支払いに対応したブラウザAPIを開発し、これを採用すると発表されていて、このAPIにはILPが採用されています

クレジットカードなどのポイントといったネットワーク

クレジットカードなどのポイント、または電子通貨といったネットワークです。

ILPでXRPは使用されるのか?

リップル社についてよく言われているのが、「世界中の銀行等に注目されるリップル社の技術はすごいが、XRPが使われるかどうかはまた別問題」ということです。

このことで、リップル社の株は買うが、XRPは買わないという投資家も現れる要因となっているでしょう。

しかし、ILPでXRPを使用するメリットについては、既にXRPネットワーク開発者の一人であるDavid Schwartz氏が回答済みです。

XRP CHATの回答では、国際送金の事例を具体的に説明しながら、XRPが使われる場面が解説されています。

それによると、ILPによりお金の「所有権」が瞬時に付与されるが、その分のお金の支払いをすぐに済ませるという場面で、XRPが使われると述べられています。

また、XRPは送金が速く、手数料も安い等の利点がありますが、さらに重要なこととして述べられているのが、「このようなアプリケーションでXRPが機能するように『作る』ことがRipple社の収益モデルとなっている」ということです。

更にILPに関しては、リップル社の Miguel Vias(XRP担当の重役)のツイートも話題になりました。

これらの事柄から、リップル社としては明確にXRPを使用させるための戦略を築いていると言えます。

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新
仮想通貨リップル(Ripple)のニュースをまとめた特集記事です。価格変動に関わる最新ニュースや取り扱い取引所、ウォレットについての最新情報を更新していきます。