ニュース

ライトコインが銀行を買収?隠された野望とは?

仮想通貨情報

先週水曜日、ライトコイン財団がトークンペイとパートナーシップを築き、ドイツのWEG銀行を株式を9.9%取得した。トークンペイは5月、銀行買収はフィンテック開発ともに採用の手助けを意図する戦力的行動だと発表しました。そのニュースは賛否両論が挙げられている。

数十億ドル規模のベンチャーキャピタルが持つ、仮想通貨業界への関心の裏側

仮想通貨情報

ここ数年で、新たな資金調達方法であり、一般投資家とプロジェクトを直接結びつけるICOは急成長を遂げ、多くのプロジェクトの重要な資金源となっています。そして、ICOは、資金の流動性が高く、多くの出資方法があり、成長性の高い仮想通貨関連プロジェクトに出資できるため、VC企業にとっても効率的な投資方法であると考えられています。

アメリカ戦略国際問題研究所も認めた、仮想通貨のP2Pパワー:「国境を楽に超える」仮想通貨による人道支援例が相次ぐ

仮想通貨情報

仮想通貨が政情混乱とハイパーインフレによる、極度の食料と日常物資不足に苦しむベネズエラの人々に対し、NANOコミュニティからNANOトークンの支援があり40家族が食料を受けたり、ビットコインキャッシュのチャリティによる支援があり、仮想通貨がブロックチェーン技術の持つP2Pの本領を発揮する事例がだんだんと出てきている。

国税庁、仮想通貨所得の確定申告簡略化を検討

仮想通貨の税金

現状では、仮想通貨取引所で取引履歴の保存方式が異なったり、取得原価の計算法が複数存在することが、仮想通貨所得にかかる確定申告を複雑になっている。国税庁は、民間で計算ツールを提供する企業などとも連携し確定申告の簡略化を進める。