10日の下方ブレイクで急落後のビットコイン(BTC)、アルゼンチン通貨は歴史的大暴落|仮想通貨市況

お盆のビットコイン(BTC)市況
10日の典型的なペナント下方ブレイクで、急落を引き起こしたビットコイン(BTC)市場は短期下落トレンド転換の瀬戸際にある。アルゼンチンペソ大暴落やドル円急落など、不確実性高まる外的要因もあり、一段と予期しにくい展開を迎える。

お盆のビットコイン(BTC)市況

10日(土)20:00に急落したビットコイン(BTC)は、前日比ほぼ横ばいの120万円台で推移している。

世界経済を見渡してみると、米ニューヨーク株式市場では、ダウ平均が大幅続落している。

トランプ大統領の「早期に中国との貿易問題を解決する用意はない」などの発言により、米中対立が長期化するとの懸念からリスク回避の動きが強まったことが要因だ。さらに、それに伴う各国の通貨安競争や景気減速懸念、GDP見通し下方修正の動きなど、経済への悪影響が取りざたされている。

そんな中、アルゼンチンペソが一時36%急落、ブエノスアイレス証券取引所のメルバル指数は前週末比37.9%安となり、18年8月の「トルコショック」を上回る大暴落となった。

大統領選の予備選で、野党候補のフェルナンデス元首相が現職のマクリ大統領に対し予想を上回る大差で勝利したことで市場が動揺、ポピュリズム傾倒を懸念した失望売りが集まった格好とされる。

そのほか、10週間にわたり反政府デモの続く香港では12日、催涙弾などで実力行使した警察当局との衝突で大量の負傷者が出たことに反感を強めるデモ隊が、抗議活動の一環として香港空港(Hong Kong International Airport)を占拠し、全便欠航となるなど機能不全に陥った。

この件で、中国政府が「テロ行為の兆し」だと糾弾するなど事態は泥沼化の一途を辿っており、米ニューヨーク、英ロンドンと並び世界3大金融センターとして、世界から投資マネーを集めてきた国際金融都市に資金流出などの危機が訪れ、投資家心理悪化につながっている節も否めない。

なお、為替市場では、中国元安も収まる気配がない。中国の中央銀行は人民元取引の対ドル基準値を8営業日連続で元安に設定するなど人民元が対ドルで7元を超える元安ドル高が問題視されるほか、ドル円は1日の1ドル=109.32円から急落、13日11時時点で105.38円まで円高が進行している。

このように外的要因は、ゴールドと同様のセーフヘイブン(退避資産)との見方もあるビットコイン(BTC)市場にとってはプラス要因にもなり得るが、予定調和とは言え「ビットコインETF」が再延期になったほか、直近のテクニカル的にもあまり芳しい状況にはない。

ビットコイン(BTC)テクニカル分析

6日に130万円台から反落して以降、保ち合いを形成していたビットコイン(BTC)であったが、10日20:00頃にペナントを下方ブレイク(①)したことで大量の売りが追従し、約7万円幅急落した。国内最大手のbitFlyerでプラス乖離が5%台まで進んだことでデリバティブ取引における潜在的な売り圧力を示唆しており、SFD基準に到達したことも国内投資家心理を冷やしたか。

日足ベースでの巨大なペナントを見ると、直近はトレンドラインと雲上限に押さえつけられるような形で上値を切り下げている。このまま続落した場合は、日足雲下限の115万円のほか、108〜110万円(②)が反発の要となるか。この先、下のラインを綺麗に割れない限り、中・長期上昇トレンドを否定するほどの大局に変化はないと考えられるが、直近安値の9,000ドルを底割れた上、1d25MAがデッドクロスしてきた場合はこの限りではない。

この位置から反転上昇する場合は、125万円〜12,000ドル(126.5万円)が主な抵抗帯となりそうだ。夏枯れ相場に加えレバレッジ規制の影響で、特に国内取引所は板の薄さが指摘されており、流動性低下から急変動が起こりやすい相場環境にあることにも十分留意したい。

CoinPostの関連記事

『移動平均線』ビットコイン(BTCFX)投資に役立つ、初心者向け仮想通貨チャート講座
仮想通貨ビットコイン(BTC)チャートなどで使える移動平均線を軸に、ゴールデンクロスとデッドクロス、パーフェクトオーダーといった相場のシグナルについて徹底解説。投資初心者にもわかりやすいよう図解付き。
ビットコイン(BTC)の短期目線考察、相場対応方法と注意点を解説|仮想通貨市況(寄稿:やがみ)
乱高下しているビットコイン(BTC)価格の短期目線を考察。仮想通貨トレードで活用できる「チャネルライン・トレンドライン」の実際の引き方に加え、相場対応方法と注意点を解説しています。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら