テザーとの相関からみたビットコイン価格は2万ドル到達の可能性、著名仮想通貨アナリストが指摘

テザーの時価総額からみるとビットコイン価格は2万ドルの可能性
著名アナリストFlibFlib氏の分析によると、テザー発行量との相関からみたビットコイン価格は2万ドルに達する可能性があるとの見解を示した。

テザーからみるとビットコイン価格は2万ドルの可能性

著名仮想通貨アナリストのFlibFlib氏によると、テザーの発行量からみた場合のビットコイン価格は、過去最高値の2万ドルをつける可能性があるという。同氏は、ビットコイン価格上昇の直前にテザーの時価総額が上昇し、反対にビットコイン価格が下落するときはテザーの時価総額も先立って下落することを以前から指摘している。

例えば、相場の転換点となった今年の4月下旬のビットコイン価格急騰の際も、テザーの時価総額が先立って上昇していた。

FlibFlib氏によると、テザーの時価総額とビットコイン価格の相関には32日間のギャップがあるといい、その相関を以下のグラフで示した。

また、テザー時価総額とビットコイン価格の相関係数は「Y = 0.0002x + 1.1610.89」を使用して0.89であると結論づけており、そこから算出したビットコイン価格の計算式については、以下の図で示されている。

今年に入って10億枚が発行されているテザーであるが、それを考慮すると現在の価格から上方修正されていく可能性が高いというのがFlibFlib氏の見解だ。

注意点も

ただし、FlibFlib氏は、テザーの時価総額とビットコイン価格の相関にある注意点として以下の要素について指摘している。

  • 分析は、あくまで236日の期間のデータに依存している
  • テザーはいつでも発行可能なことに加えて、バーン(焼却)される可能性もある点
  • ビットコインの時価総額が拡大していった場合、分析に再調整が必要となる点

FlibFlib氏は、テザー発行量に基づく、あくまで統計的な根拠の一つであると結んだ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨テザー(USDT)、全発行量の80%を318口座で保有 専門家は価格操作との関係性を指摘
仮想通貨テザー(USDT)全体発行量の約80%が、318アカウントだけで所有されていることが分かった。専門家は、これは価格操作が可能な数であると警鐘を鳴らしている。
米法律事務所、仮想通貨関連の訴訟調査に活用するデータベースを開発|テザー裁判の閲覧も可能
米国の金融専門の法律事務所Murphy&McGonigleがブロックチェーンや仮想通貨に関連した訴訟の調査に役立てることができるデータベース『Blockchain Litigation Database(BLD)』を開発した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら