CBOEビットコイン先物上場、一時サイトクラッシュもBTC価格上昇へ

CBOE(シカゴ・オプション取引所)は、日本時間12月11日8AMに、アメリカ初となるビットコイン先物取引を上場
来週18日にはCMEの先物上場も控えているが、今回の相場の上昇が安定して続けば、さらにBTC価格にはいい影響を与える可能性もあります。

CBOE(シカゴ・オプション取引所)は、日本時間12月11日8AMに、アメリカ初となるビットコイン先物取引を上場しました。

取引開始の時刻には、仮想通貨トレーダーだけに止まらない世界のトレーダーが注目し、サイトへアクセスしたことで一時的にサイトがクラッシュしました。

しかしその後は問題なく継続して取引が行われています。

空売りから入る取引や、機関投資家参入による大きな相場変動が予想されましたが、取引開始の時間から安定した相場変動となっており、CBOEの取引が開始してBTCの下落がなかったことによる安心感からか、週末落ち続けたBTC価格は上昇しています。

この先物上場による懸念点であった暴落がなかったことで、さらにBTC価格上昇の流れに勢いがつきそうです。

ビットコインの価格上昇率は多くの既存トレーダーも魅了してきました。

プロトレーダーや大きなお金を扱う機関投資家は、取引ルールがなく、国にしっかりとした認可がされていない状態での取引に手を出しづらい状況であったことから、このような先物取引の上場は仮想通貨市場にとって大きな転換期です。

これらの投資家をビットコイン取引に引き付ける大きな可能性として今後も注目されるでしょう。

また、来週18日にはCMEの先物上場も控えていますが、今回の相場の上昇が安定して続けば、更にBTC価格にいい影響を与える可能性もあります。

しかしこれら機関投資家やプロトレーダーが市場に入ってくることは、相場の動きが大きく変わることにも繋がり、特にFX取引などを行う一般トレーダーは注意が必要となります。

より情報やテクニカルな知識が必要となることは間違い無いでしょう。

下記の日程は現地時間の予定です。正確な日程は公式HPにて確認をお願いいたします。

米国金融機関CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)
ビットコイン先物2017年12月18日
Cantor Fitzgerald & Co.の子会社Cantor Exchange
ビットコインバイナリーオプション取引 2017年12月18日
Cantor Fitzgerald & Co.
ビットコイン先物 2018年の前期中
ナスダック証券取引所
ビットコイン先物 2018年の前期中
ビットコイン先物について知っておくべきこと
今月18日よりCMEにてビットコイン先物取引が開始、Cboeでもビットコイン先物が導入予定です。その他に、ナスダック等でもビットコイン先物取引が予定されています。

先物取引とは?

将来の価格を予想して、その価格で売買する取引を指します。

前もって将来のある時点での価格を予測し、その値段での売買を約束。その期限になったら自動で売買が成立します。

CBOE概要

(12日12時20分の取引データ)

BTC先物商品の名称

BTCではなく、『XBT』という名称で取引されます。

(18日に上場を控えるCMEはXBTではなく『BTC』で表記される予定)

価格基準

CBOEの提携先であるジェミニ・トラスト・カンパニーがオークションで決定するドル建て価格に基づいて現金決済が行われます。

取引時間

仮想通貨取引所は24時間の取引となるが、CBOEの取引時間は以下のように分けられます。

  • 通常取引:シカゴの時間(CST)で月曜から金曜の8時30分から15時15分(日本時間23時30分から翌朝6時15分)
  • 時間外取引:(CST) 15時30分(週初は日曜17時)から翌朝8時30分まで(日本時間朝6時30分から23時30分)

必要証拠金額

CBOEはCBOEが数日のビットコイン変動率の高さを受け、信用取引の必要証拠金額を33%から44%に引き上げたことを発表しています。

値幅制限

マーケット保護の観点から値幅制限を設定され、10%変動で2分、20%変動で5分停止されます。

先物取引の期日

  • 1月分:2018年1月17日
  • 2月分:2018年2月14日
  • 3月分:2018年3月14日
仮想通貨ビットコイン最新ニュースまとめ:価格に関する情報を随時更新
仮想通貨ビットコイン(BTC)のニュースをまとめた特集記事です。価格の下落や高騰についても触れていきます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加