CoinPostで今最も読まれています

Tポイントでビットコイン購入 仮想通貨取引所bitFlyerがサービス開始へ=日経新聞

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Tポイントで仮想通貨が購入
国内大手仮想通貨取引所のbitFlyerが、Tポイントで仮想通貨ビットコイン(BTC)を購入できるサービスを8月20日から開始する。気軽に仮想通貨が購入できる環境を作り、若者を中心とした新規ユーザーの取り込みを狙う。

共通ポイントで仮想通貨を購入

国内大手仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が、Tポイントで仮想通貨ビットコイン(BTC)を購入できるサービスを、本日8月20日(時間の明記なし)から開始することが分かった。日経新聞が報じた。

bitFlyerのユーザーは、ビットコインを購入する際、支払い手段としてTポイントが選択できるようになる。

Tポイントでビットコイン購入する場合、100ポイントで85円相当のビットコインが購入できるという。多様な提携先でサービスが受けられる共通ポイントで仮想通貨を購入できる事例は国内初となる。

また支払い手段としてTポイントが利用できるだけでなく、bitFlyerが提供するアプリでビットコイン決済をした際に、Tポイントが貯まるサービスも実施する。家電量販店大手のビックカメラやヤマダ電機、旅行会社のH.I.S.などが対象だ。

Tポイントは約7000万人に利用されており、今回のサービスで若者を中心としたユーザーを取り込み、業務拡大や仮想通貨の普及を狙っているとみられる。ポイントは現金よりも比較的気軽に利用できるため、今回のサービスがどのくらいインパクトがあるか注目したい。また、他の銘柄へのサービス拡大へも期待が広がる。

Tポイントについては、SBI証券が既にサービスを展開している。投資信託の買い付けにTポイントが利用できたり、国内株式等の様々な商品の取引に応じてTポイントを貯めることが可能だ。

またTポイントではないが、マネックス証券も自社のサービスで貯めたマネックスポイントを、仮想通貨取引所コインチェックのアカウントを通じて仮想通貨に交換することができるサービスを行っている。通貨単位を細分化できるという仮想通貨の利点を生かしたサービスだ。

国内で多くの反響があったbitFlyerが新たに発表したTポイントで仮想通貨ビットコイン(BTC)を購入できるサービスについて、ポイントとの交換で課税ポイントが発生するか、bitFlyerに伺った。

Tポイントからビットコインに交換した時のレート(85円)から売却・決済した時のレートの差額に利益が出た場合、個人のお客様は、仮想通貨の売買で得た利益は原則日本の所得税の課税対象となっており、年間の取引約定ベースによる確定した損益で利益が出た場合は、一般に総合課税の雑所得として確定申告が必要です。

但し、仮想通貨取引自体が事業と認められる場合、仮想通貨取引が事業所得等の基因となる行為に付随したものである場合はこの限りではありません。

なお、一部の給与所得者は、当該利益が 20 万円以下の場合、確定申告を行わなくてよい場合があります。法人のお客様の場合も法人税上、確定申告が必要です。税金の取扱いについて、詳しくはお客様の責任において各自税務署または税理士にお尋ねください。

現在の税務上の取り扱いでは、ポイントからの交換であっても、交換時のレートを取得単価の基準として利用する。売買益で利益が出た場合は、値上がり分も所得として認識することになるようだ。

仮想通貨への決済領域で、税制におけるハードルは未だ高いと言えるが、大手共通ポイントと掛け合わせたサービスが国内で出てきていることは、これまでには見られなかった大きな前進となる。

一般的に取得原価が0円のポイントからの交換という選択肢ができることで、保有へのハードルが大きく低減したことは間違い無いだろう。

値動きが激しい仮想通貨市場において、自己資金を投資することに躊躇していた一般投資家の呼び水となるかもしれない。

参考資料 : 日経新聞

CoinPostの関連記事

Liskが8月23日にソフトフォークを実施 仮想通貨LSKを取り扱うbitFlyerも対応を告知
8月23日前後にソフトフォークを予定するLisk。日本の取引所などでも当日の対応方針を発表している。
住友商事がbitFlyer Blockchainと業務提携、不動産賃貸契約プラットフォームの共同開発
住友商事株式会社と株式会社bitFlyer Blockchainは、スマートコントラクト機能を備えたブロックチェーン「miyabi」を活用し、住宅の賃貸契約を電子化した上で、物件の内見予約から契約までを行えるプラットフォームの共同開発に向けて業務提携した。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。
12:36
NYダウ反落、ビットコインは上昇一服 アナリストは強気・弱気で見解割れる
暗号資産(仮想通貨)相場ではNYダウなど株式市場の反落もありビットコインが上昇を一服。今後の展望について、アナリスト間では、強気・弱気シナリオで見解が別れている。
11:30
韓国で「仮想通貨ユーザー保護法」が施行 保険加入など義務付け
韓国政府は19日、仮想通貨ユーザー保護法を施行した。投資家保護に重点を置いており、ユーザー資産保護や取引監視を定めている。
10:25
分散型予測市場ポリマーケット、バイデン米大統領の選挙撤退予測90%到達
仮想通貨ポリゴン基盤の分散型予測市場「ポリマーケット」で、バイデン米大統領が選挙から撤退する予測が一時90%まで到達した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア