「Zaif」の元運営テックビューロが仮想通貨交換業を廃業、国内初の事例に

テックビューロが仮想通貨交換業を廃業
Zaifの元運営テックビューロ株式会社は22日、仮想通貨交換業の廃業を公式発表、テックビューロに残った顧客資産の返金方針を公表した。金融庁における仮想通貨交換業の登録業者が廃業するのは今回が初。

テックビューロが仮想通貨交換業を廃業

テックビューロ株式会社は22日、仮想通貨交換業の廃業を公式発表した。金融庁における仮想通貨交換業の登録業者が登録を返上し、廃業するのは、今回初の事例になるという。

テックビューロは仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」を運営していたが、昨年9月に70億円に相当する仮想通貨の不正流出が発覚したため、同年11月に、ジャスダック上場の『フィスコ』の関連会社であるフィスコ仮想通貨取引所に「Zaif」の事業を譲渡した。

顧客の注意事項

テックビューロは、仮想通貨交換業の廃業決定と同時に、テックビューロに残った顧客資産の返金方針を公表した。

お客様が他の仮想通貨取引所をご利用されて仮想通貨を日本円に交換する際には所定の費用が発生することから、お客様へのご返金は、お客様にそれらの追加のご負担を発生させぬよう、Zaifにご登録になった銀行口座へすべて日本円にてご返金いたします。

返金手数料はテックビューロが負担し、返金予定日は顧客から返金申し込みの手続きが完了したものは毎月15日及び末日締め、翌15日以降に返金する。受付期間は9月2日から11月30日までになります。

テックビューロの公式資料では、返金の申し込み手順などの詳細が掲載されている。

なお、「事業承継手続きに同意した利用者については、返金手続きは一切不要」としている。

CoinPostの注目記事

テックビューロ ホールディングス、ネム財団との業務提携を発表|mijin CatapultはAWSに提供へ
テックビューロホールディングス社が海外マーケティング活動に関して「ネム財団」と提携した。Amazon Web Services(AWS)に対し、mijin Catapult(v.2)の提供準備を進めていることも明らかに。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/05更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら