AWSで大規模障害発生、仮想通貨取引所やキャッシュレス決済に影響を及ぼす

AWSで大規模障害発生、仮想通貨取引所にも影響を及ぼす
米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)の大規模障害の影響で、人気ソシャゲアプリやキャッシュレス決済サービス、仮想通貨取引所の入出金サービスなどに不具合が発生した。

AWSで大規模障害発生、仮想通貨取引所にも影響を及ぼす

米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)は23日、午後1時ごろから大規模通信障害が発生したことを発表した。関東地方のデータセンターで不具合が起きたという。

Amazonの子会社であるアマゾン ウェブ サービス(AWS)は、オンデマンドクラウドコンピューティングプラットフォームとして幅広く使われており、利用企業は国内でも数十万社にも及ぶとされる。

今回の大規模障害では、アズールレーンやシノアリスなど人気ソシャゲアプリへのログイン障害や、ペイペイなどの大手キャッシュレス決済サービスで決済や入金ができなくなるなど、利用者に混乱も生じていることが確認された。

仮想通貨市場にも波及

AWSの利用企業は広範に渡るため仮想通貨市場も例外ではなく、断続的な接続障害に伴い、入出金サービスや、チャートの描画などに影響を及ぼした。

世界最大手の仮想通貨取引所バイナンスの代表CZ氏も、キャッシングサービスに問題が発生している件について報告。国際的な影響に対し、協力・監視することを表明した。

非中央集権を謳う仮想通貨であるが、主要取引所の取引では、AWSのようなクラウドコンピューティングソリューションに依存している現状も否めない。昨年11月に発生したサーバー障害(Amazon internal DNS問題)でも、韓国最大手の仮想通貨取引所「Upbit」のサービスが利用できなくなった経緯がある。

CoinPostの関連記事

韓国取引所Upbit:Amazonネットワーク障害で仮想通貨取引が1時間停止
韓国の大手仮想通貨取引所Upbitは、広範囲わたるAmazon Web Services(AWS)ネットワークの障害の影響を受けて、仮想通貨取引が停止したことを明らかに。
米アマゾンが開発するブロックチェーン、AWSが提供するクラウド上で利用可能に
AWSが独自開発を行うプライベートチェーンが、AWS CloudFormation上で利用できるように。事業者はAWS上でエンタープライズ向けブロックチェーンアプリケーションの開発が容易になる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら