仮想通貨BNBが取引所コインベースに上場か、CZ氏がAMAで可能性を示唆

BNBがコインベースに上場するか、CZ氏がAMAでほのめかす
本日実施したAMAで取引所バイナンスのCZ氏は、米取引所コインベースに独自通貨BNBが上場する可能性を示唆した。米規制におけるBNBのステータスに注目が集まっている。

BNBがコインベースに上場するか、CZ氏がAMAでほのめかす

本日実施したAMA(なんでも聞いて)のイベントで、取引所バイナンスのCZ氏は、米取引所コインベースに独自通貨バイナンスコイン(BNB)が上場する可能性の質問について、可能性を示唆した。

当時CZ氏は、「BNBがコインベースに上場する日が来るかもしれない。何を願うかに気を付けてください。(Careful what you wish for)」と言及した。

CZ氏の「何を願うかに気を付けてください。」というセリフにおいて実際、ユーザーの願いがかなった事例がこれまで複数あった。以前XRPがバイナンス取引所での基軸通貨になったのも、バイナンスDEXで米ドルステーブルコインUSDSBが発行されたのもその「願い」が実現したものだ。

米国版バイナンスの進捗について

AMAでは、今後(時期未定)米国でローンチする「バイナンスUS」について現在ローカル銀行との提携案件を進めており、「近いうちに」ローンチできる見込みだと説明した。

なお、バイナンスUSに上場する可能性のある通貨として先日発表されたが、BTCなどの主要通貨はもちろん、BNBも検討リストに入っている。

本家バイナンス取引所は米規制のコンプライアンスに対応するために、現在本家の米国におけるサービスを9月12日より停止し、ユーザーベースを米国版の「バイナンスUS」に行こうする動きを取っている。

米サービスの停止を発表した時より、多くのユーザーは米規制や証券法を遵守するためにBNBの上場を見送る可能性があるのではないかと懸念していたが、上場検討リストにBNBが入っていることで多くの懸念は解消されつつあるが、実際上場するかどうかは「バイナンスUS」が開設する次第判明するため、現時点では明確ではない。

しかし、ニューヨークビットライセンスを持つコインベースに仮に上場した場合、BNBは米国における法的ステータスがより明確になり、ユーザーの維持やBNBの取引高にとっても恩恵を受けることができると見られる。

CoinPostの注目記事

仮想通貨を保有するメリットを作る バイナンスCEOがAMAを実施|先物取引は9月を目処に開始
バイナンスCEOがAMAを実施。9月中にも先物商品の取引を開始することを発表したほか、仮想通貨を保有することにメリットを作る動きを拡大していく意向を示した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら