「USDTの裏付け資産の有無は関係ない」テザー裁判控える中、創業者が発言

「USDTの完全な裏付け資産の有無はもはや関係ない」
テザー社発行する米ドルにペッグするステーブルコイン「USDT」に裏付け資産を巡る問題で、同社共同創設者が「完全な裏付けの有無はもはや関係が無い」と発言したことがわかった。

「USDTの完全な裏付け資産の有無はもはや関係ない」

テザー社発行する米ドルにペッグするステーブルコイン「USDT」に裏付け資産を巡る問題で、同社共同創設者が「完全な裏付けの有無はもはや関係が無い」と発言したことがわかった。

共同創設者のWilliam Quigley氏はブルームバーグの取材に対して、「テザーUSDTが米ドルに裏付けられているかどうかは重要なところではない。重要なのは、USDTが「1 ドル」に値するというユーザーからの信頼だ。」と発言した。

基本的に価値を紐付けにくい仮想通貨において安定した価格を維持するステーブルコインは、法定通貨や裏付け資産をペッグすることで価値を担保してきたが、それらの仕組みに疑問符を投げかける発言になり得る。世界各国の法定通貨と同様に、「信頼」を価値の裏付けになるとする発言が発行企業側から出たことに、問題視する見方がでる可能性もある。

また、ニューヨーク司法当局(NYAG)が現在捜査を行なっている「Bitfinex社による8.5億ドルの準備金不正利用の疑惑」については、「テザー社が資産凍結によって裏付け資金にアクセスができなくも、USDTの価格が依然として1 ドルで安定しているのは、ユーザーがその価値を信じているからだ。」とのコメントを行なった。

テザー裁判では先月、テザー社がニューヨーク裁判所の「NYAGに管轄権あり」との判断に対して、控訴する姿勢を示したが、行き先は不明瞭なままだ。

同裁判は、USDTを利用した不正操作なども市場の注目ポイントとして、情報開示によって不正が暴かれる懸念を、市場は警戒している。今後、裁判官の判断が覆るか、市場の重要なターニングポイントとなるとの見方は強い。

関連テザー社がNY裁判所の判断に声明文

テザー裁判について

  • 4/25:NYAGがBitfinexに対し、USDT準備金の不正利用として、NY州における営業の停止を求める
  • Bitfinexは、この指摘を全面否定
  • 5/3:NYAGがBitfinexに対し、財務書類の開示要求
  • 最高裁がテザー社とBitfinexに対し一時的な準備金の移動禁止を発令
  • 5/16:証拠不十分として、最高裁がその禁止を一部解除; Bitfinexが告訴の取り消しを求める
  • 5/18:Bitfinexがアクセス不可能となった資金を補うため、LEOトークンのセールを行い、約1100億円を調達成功
  • 6/2:Bitfinexがテザー社に対し、1億ドルを返済した
  • 7/8:NYAGは、Bitfinexとテザーが2015年よりNY住民に提供をしていたとして、最高裁にその管轄権を主張する摘要書(Memorandum of Law)を提出
  • 7/22:BitfinexがNYAGの主張(摘要書)に対するリスポンス(書面上の返答)を行う
  • 7/29:最高裁が、Bitfinexの告訴取り消しの動議を審議する聴取を実施
  • 8/20:裁判所がNYAGの管轄権を認める。資金の不正利用疑惑に関する書類開示が必要に
  • 8/20:Bitfinex側が、米ニューヨーク最高裁(=第一審裁判所)の撤回を求め上訴(書類提出)

参考:ブルームバーグ取材

CoinPostの注目記事

バイナンス初、NY州金融当局の認可で米ドルステーブルコインをローンチへ
仮想通貨取引所バイナンスはNY州金融当局の認定のもとで米ドルにペッグした新たなステーブルコインを今月中にローンチする。最初はBTC・BNB・XRPとのペアを提供。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/05更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら