イーサリアムクラシックのハードフォークを控えた仮想通貨市場、ビットコインは続落|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況
明日実施予定のイーサリアムクラシック(ETC)のハードフォーク「アトランティス」を目前に、国内外の仮想通貨取引所がサポートを表明した。本家バイナンスによる米国ユーザーへのサービス停止を12日に控える中、「Binance.US」の動向も注目される。

ビットコイン(BTC)市況

本家バイナンス(Binance.com)は9月12日(日本時間13日)より、米国ユーザーへのサービス提供を停止する。サービス停止における米国マネーの一時的流入減や出来高減少が危惧されていたが、先日、米国版「Binance.US」のローンチが発表された。

バイナンスは今年7月、米リップル社の「XRP機関流動性部門」の責任者を務めていたCatherine Coley氏を「Binance.US」のCEOとして雇用。8月には、ビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、バイナンスコイン(BNB)、イーサリアム(ETH)など、計30銘柄の上場を検討中であることが伝えられていた。

「米国版バイナンス」数週間以内にローンチへ|登録には本人確認が必要
バイナンスが、米国版取引所「Binance.US」を数週間以内にローンチすると発表した。ユーザーには厳格な本人確認手続きを課すと説明。現在はサービスをどの州で開始するかを選考している。

以前The Blockが報じたところによれば、Binance.USは、ニューヨーク州で仮想通貨取引交換業を行うための必要資格である「BitLicense(ビットライセンス)」を現時点で有しておらず、ニューヨーク州の居住者はサービスの対象外となる。

バイナンスは、米規制を遵守したサービスを行うため、サンフランシスコが本拠地の登録送金業者「BAM」と提携、ウォレットとマッチングエンジンの技術を提供し、米国における取引所の業務をBAM社が管理・運営するとともに、米国版ローンチに向け準備を整える。

また、明日実施予定のイーサリアムクラシック(ETC)のハードフォーク「アトランティス」の影響にも注視したい。これに先駆け、Coincheckでは本日16時頃を目安に、bitFlyerでは本日17時頃から、イーサリアムクラシック(ETC)の入出金を一時停止予定とされている。

海外取引所OKExは、ハードフォークに関する「すべての技術的な問題」を処理するためのサポートを公表。入出金の再開目処は、ETCメインネットが安定した後だと言及した。

9月17日(EST)の予定日は、6月のコア開発者会議で決められた日程となっており、ブロック番号「8,772,000」に実施する。

Ethereum Classic Labsによれば、「アトランティス」は、イーサリアム(ETH)で以前実施されたアップグレード「ビザンチウム」のプロトコルを採用することで、ETCとETH間での相互運用性が向上し、チェーン同士でのコラボレーションも可能になるという。今回のハードフォークを経て、仮想通貨市場、とりわけイーサリアム(ETH)などへの影響を含め、価格への影響も注視される。

関連イーサリアムクラシックのロードマップ

ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)は再び10,000ドル付近まで続落した。bitFlyerチャートでは4h雲下限で反発したが、リバウンドを挟みつつ下値を切り下げており、上値の重い展開が続く。(下図:bitFlyer)

心理的節目の10,000ドルを明確に割り込めば、下げが加速するおそれもある。9,000ドル付近の反発は強いものと考えられるが、下降チャネルで見た場合の下値余地は気がかりだ。(下図:BitMEX)

CoinPostの関連記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/20更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら