リクルート投資ファンドから出資を受ける仮想通貨Beam、バイナンス上場で一時約20%高騰

Beam(ビーム) バイナンスに上場
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、株式会社リクルートの新ファンドが出資するBEAMプロジェクトのネイティブ通貨である「Beam」の上場を発表した。
           

BEAM バイナンスに上場

最大手仮想通貨取引所バイナンスは、匿名性の高い仮想通貨Beam(ビーム)の上場を発表した。本日の21時より、BEAM/BNB、BEAM/BTC、BEAM/USDTのペアで取引サービスを開始する予定だ。

上場発表を受け、ビームは急騰し、前日比19%の上げ幅を記録している。

出典:CMC

ビームとは、新匿名技術であるMimbleWimble(MW)プロトコルを実装した、匿名性の高い暗号資産だ。

これまでの匿名技術と異なり、MWプロトコルにはウォレットアドレスそのものが存在せず、送金する際の枚数情報もノードに送られない特性をもつことから、すべての取引がデフォルトで匿名化される、極めて高い匿名技術を採用している。

今年2月には、株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルートが、ブロックチェーン関連スタートアップ企業への迅速な投資を目的とした新ファンドRSP Blockchain Tech Fund Pte. Ltd.を通じて、Beam Development Limitedに出資を行っている。

また、ライトコイン財団がLTCの拡張ブロックを通して、MimbleWimbleを実装することに対し、BEAMが技術的支援を発表した。

関連https://www.beam.mw/

関連リクルートが匿名仮想通貨プロジェクトBeamへ出資

参考:バイナンス発表

CoinPostの注目記事

「1ヶ月以内」バイナンス、中国人民元建て仮想通貨OTC取引サービス開始へ
バイナンスの共同創設者He Yi氏は上海のブロックチェーンイベントにて、中国市場での事業拡大の一環として、人民元建てのOTC取引サービスを間も無く開始すると明かした。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら