CoinPostで今最も読まれています

米投資銀行報告書「Bakktに失望するのは時期尚早」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bakktへの判断は時期尚早
期待に反して初週出来高が低迷した「Bakkt」について、米投資銀行が報告書を公表。他のビットコイン先物取引よりも出来高が低迷している点に言及したうえで、判断を下すには時期尚早とした。

Bakktへの判断は時期尚早

順調な滑り出しとはいかなかったBakktについて、米投資銀行Oppenheimer & Co.のアナリストらが公表した報告書にて、Bakktに評価を下すには早すぎるとの見解を示している。

Bakktのビットコイン現物決済先物取引の開始以来、すでに2週間が過ぎたが、その初週の総出来高は619BTCの約500万ドル(5.4億円)にとどまった。この結果に対して、アナリストらは「現時点で心配する必要はない」とし、その理由の一つとして、Bakktの親会社であるインターコンチネンタル取引所は、債権のアナリティクスや取引、ETFなどを電子化する必要があるなど、多くの改善点があることを挙げている。

また同報告書には、以下のように記載されている。

Bakktのビットコイン先物取引の取引数は、最初の5日間で125以下となっている。

この段階でBakktのビットコイン先物取引が成功を収めたか否か、あるいは、今後出来高が上昇するかどうかを判断することはしない。

ただBakktの取引高は、CBOEが最初の5日間で記録した~2000の取引数やCMEの記録~500と比較した場合、圧倒的に下回っている。

このように、Bakktの成功について判断を下すことは時期尚早としたものの、取引高が他のビットコイン先物取引と比較した場合に大きく劣るとの事実を指摘。

続けて、ビットコインなどのデジタル資産が広く普及する道のりは長いとしたうえで、当初から大きな期待が抱かれていたBakktのローンチだが、その期待には十分応えきれなかったと総評している。

ただ一方で、これからもBakktはさらなるインフラ整備が求められるとし、ビットコイン先物取引の市場も黎明期であり、市場規模の小ささを考慮すると、前述した結果に対して投資家がそれほど不安感を抱く必要はないとも言及した。

CoinPostの関連記事

「それでもBakktは未来を切り拓く」仮想通貨業界関係者らが期待を崩さぬ理由
初週のビットコイン先物取引高が伸び悩んだことで「失望」にさらされたBakkt。評価は、BTC市況を加味して時期尚早と擁護する声もあるなか、有識者らは中・長期目線での期待感を崩さぬ理由を述べた。
機関投資家のBTC関心増 ビットコインオプション発表が契機=CME関係者
ビットコイン(BTC)のオプション取引の発表を契機に、機関投資家のビットコインへの関心が高まっていると、CMEグループ株価指数・代替投資グローバルリーダーのTim McCourt氏が明かしたことがわかった。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/23 火曜日
08:00
ウィンクルボス兄弟出資の英サッカークラブ、7億円相当のビットコインを購入
ビットコイン億万長者のウィンクルボス兄弟が設立した投資会社ウィンクルボス・キャピタルは4月に、レアル・ベッドフォードに7億円を投資している。
07:35
トランプ氏再選でビットコインが米国準備金に? 専門家の見解
米政府が仮想通貨ビットコインを準備金にすることは不可能ではないとDAIMのCEOが発言。この政策は共和党のDonald Trump氏が今週のイベントで発表するとの憶測が広まっている。
07:00
仮想通貨取引所Gate、日本国内向けのサービス提供終了
海外の仮想通貨取引所Gateは22日に日本の金融規制を遵守するために、日本国内向けのサービスを終了することを発表した。
06:30
米政府、6.26億円相当のビットコインをコインベースへ送金
米政府は未だ2.27兆円の価値に相当する21.3万 BTCの仮想通貨ビットコインを保管している。
06:00
米SECがイーサリアム現物ETFを最終承認、取引は23日より開始へ
SECは各仮想通貨イーサリアム現物ETF銘柄への最終承認(S-1登録)を行い、正式にゴーサインを出している。
05:45
東証上場メタプラネット、2億円相当の仮想通貨ビットコイン買い増し 
ビットコインが週末に上昇したことや買い増しを続けていることが好感されメタプラネットの株価は月曜日に19.31%上昇した。
07/22 月曜日
17:10
PENDLEの買い方 金利をトークン化するDeFiプロジェクト
金利をトークン化して取引可能にし、ブロックチェーン領域のトレンドに対応もしたことで「Pendle」が注目されています。本記事では、暗号資産(仮想通貨)PENDLEの特徴、将来性、買い方について解説します。
14:56
イーロン・マスク、バイデン撤退後にXのプロフィール画像を「レーザーアイ」に変更
テスラCEOイーロン・マスクが、ジョー・バイデン大統領の再選辞退を受け、Xアカウントのプロフィール写真を「レーザーアイ」に変更。トランプ支持を示唆し、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン投資家の関心を集めている。
14:39
ポリゴン大型アップグレード、MATICからPOLのトークン移行は9月上旬実施へ
仮想通貨ポリゴンを開発するPolygon Labsは、大型アップグレードPolygon 2.0について、9月4日にMATICトークンをPOLトークンへと移行する予定だと発表した。
12:08
ビットコイン続伸で68000ドル台に、市場は大統領選挙の行方を注視
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが68000ドル台まで反発、過去最高値更新も視野に入る水準となった。米大統領選挙の行方や今週開催予定のビットコインカンファレンスの注目度が高い。
09:47
「対SEC訴訟、まもなく解決することを期待」リップル社CEOが言及
米リップル社のCEOは、長期化している仮想通貨XRPをめぐる米SEC訴訟について、近い将来解決することを予想しているとブルームバーグのインタビューで明かした。XRP価格は前月比30%以上高騰する場面があった。
09:10
DEAが日本代表に選出 スタートアップワールドカップ2024
2024年7月19日、東京で開催された「スタートアップワールドカップ2024東京予選」で、Web3企業Digital Entertainment Asset Pte. Ltd(DEA)が日本代表として選出された。DEAはDEAPCoin(DEP)という暗号資産(仮想通貨)を発行している。
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア