世界最大手仮想通貨取引所バイナンス、初の法定通貨ペアに「ナイジェリア・ナイラ」

本家バイナンスの法定通貨建て取引開始へ

本家バイナンス(Binance.com)は、同取引所初となる法定通貨建ての取引ペアを発表した。

対応する初の法定通貨は、アフリカの国【ナイジェリア】の法定通貨NGN(ナイジェリア・ナイラ)だ

NGNでの最初の取引ペアは、BUSD/NGN、BNB/NGN、BTC/NGNとの3つで、日本時間24日21:30より取引が開始する予定である。

そして、NGNの入金をサポートする第三者企業は、Flutterwaveという米決済プロバイダー企業だ。

つい先日、CEOのCZ氏は本家バイナンスでも法定通貨建ての取引を提供すると明かし、ロシアの法定通貨ルーブルがその第1弾になることを示唆していた。結果的に、ナイジェリアの法定通貨ナイラが第1号となった。

CZ氏は、多くの法定通貨に対応するとも言及、市場拡大に意欲を見せていた。

CoinPostの注目記事

CZ氏が語るバイナンスの中長期目標は「次世代のGAFA」 仮想通貨業界を主導する存在なるか
初の法定通貨建て取引にロシアルーブルを追加した仮想通貨取引所バイナンスのCEO CZ氏がロシアの現地取材に答えた。目標を次世代のGAFAとしたほか、犯罪者の情報提供も協力するなど政府との協力関係を明かした。
バイナンス、法定通貨導入で第三者企業と連携 今後の新規通貨追加で期待感
本家バイナンス(Binance.com)が初導入する法定通貨建て仮想通貨取引で、第三者企業と連携してサービスを提供することがわかった。ルーブルに続く新たな通貨の可能性も期待される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら