bitFlyer CEO 加納氏が1月中にとあるアルトコインを新規上場すると発表

bitFlyer CEO 加納氏が1月中にとあるアルトコインを新規上場すると発表
多数の仮想通貨投資家の間では、この新規上場通貨はLisk(LSK)なのではないか、と推測されています。この発表後既にLSK価格が上昇しています。

1月よりTwitterを始め、既にフォロワー数19,000人を突破したbitFlyer CEO 加納裕三氏が重大発表をしました。

重要なのは「・1月中に新規アルトコインを導入します。(何かはお楽しみ)」の部分です。

現状この新規上場通貨はLisk(LSK)なのではないか?と推測されています。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

bitFlyerの新規上場通貨はLisk(LSK)なのか?

根拠としては二つあります。

過去のLisk 公式Twitterのツイート

Lisk CEO Max氏がいくつかの日本の取引所でLiskについてのプレゼンテーションを行なっている画像です。

詳細は明かせない、としていましたが、このプレゼンテーションの結果が実ったのではないか、と言われています。

CoinPost独占インタビューでのLisk CEO Max氏の発言

こちらは11月時点でのLisk CEO Max氏の発言です。

私たちは全世界を対象としなければならないため、対象ユーザーが多すぎることから、全ての国にフォーカスすることができないと学びました。

よって特定のターゲットを絞り、その国のローカルコミュニティに根付き、そこから拡大しようとしています。

そしてアジア市場に参入したいと望みました。個人的にも、共同創業者のオリバー・ベッドウズ氏も日本のファンなので、自然と日本のコミュニティを市場参入のターゲットに選択しました。なので私は日本に戻ってきたのです。

Lisk CEO Max氏に独占インタビュー/価格やリブランティングについて
Lisk CEO Max氏にCoinPostが独占インタビューを実施しました。Lisk価格や予定されているリブランディング、今後の世界に対してのマーケティング等について質問しました。

日本への市場参入について、Lisk CEO Max氏ははっきりと宣言しています。

現状国内ではcoincheckでしか上場していないため、bitFlyerに上場したとすると、一定の知名度の上昇はすると予想出来ます。

Liskの価格が高騰中

bitFlyer CEO 加納氏の発表後、LSK価格は2,600円台から最高値約3,400円まで上昇しています。

市場の期待感が伺えるチャートとなっています。

しかし、仮想通貨界隈の噂は事実とは異なる場合が多いことも念頭に置いておきましょう。

例えば、直近ではXRPはcoinbaseに上場が噂されたことが価格上昇の一つの要因となっていましたが、あっけなく噂が否定されたことはXRP保有者の方々の記憶にも新しいかと思います。

この噂を信じるかどうか、また投資を行うかどうかは慎重に判断することをお勧めします。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用