新たなイーサリアムブロックチェーンプラットフォームが金融証券に革命を起こすのか?

新たなプラットフォーム実装
Polymathが従来の証券とブロックチェーン資産所有権の間にある隔たりをふさぐ新たなプラットフォームを実装する予定です。
公開データの強み
Polymathプラットフォーム上のデータは公開されるため、ユーザーは他のユーザの活動から学ぶことができる上、従来のプラットフォームより豊富なデータを得ることができます。

証券系プラットフォーム

2013年以来、ICOは40億ドル(約4500億円)以上も集め、政府機関は規制方法を試行錯誤しています。

ICOを通して発行されたトークンのうちいくつかは証券取引法を破っている「証券トークン」と判断される可能性があります。

しかし、資産担保ブロックチェーントークン(証券も含む)を以前よりも発行しやすくする新たな分散型プロトコルが実装されようとしています。

Polymath創設者および社長Trevor Koverko氏がCCNに対し、

「PolymathはPOLY(トークン)に動機付けられたユーザーのネットワークを通し、ブロックチェーン上の証券トークンを促進します」

KYC(Know Your Customer)AML(アンチマネーロンダリング)のような必要条件をトークン自体に組み込んだ新たなトークン基準を作りました」

と言いました。

Polymathプラットフォームはビジネスや金融商品発行者のブロックチェーン上の証券トークン実装を妨害する障害物を減らすようデザインされています。

元NHL(ナショナルホッケーリーグ)のドラフト選手でシリコンバレー企業家であるKoverko氏によると、

「簡単な証券発行および2次取引市場を紹介することにより、Polymathプラットフォームは従来の証券とブロックチェーンベース資産所有権や投資機会間の隔たりをふさぐことができます」

と述べています。

Polymathネットワークはオープンプロトコルになる予定です。

更に、Koverko氏はこのように述べています。

「Polymathのプラットフォームは今までよりも多くの人と場所に経済的成長や機会を与えます。巨大な証券業界がブロックチェーンに進出する中、Polymathプラットフォームは個人および会社に分散型経済への参加を可能にします」

Polymathの中核はユーザーデータのネットワーク保管用にデザインされたスマートコントラクトによって構成されており、ユーザーによる地域、国家、そして国際規制に従った相互作用を管理しています

KYCプロバイダ、法代表者、スマートコントラクト開発者、トークン発行者、そして投資者などがこのネットワークを使用します。

ブロックチェーン上のデータは多くの場合公開されています。

Polymathの場合、トークン購入者はユーザー名を決めて使用しますが、取引データは公開されるため、同じであると言えます。

KYCプロバイダ、法律事務所、そしてスマートコントラクト開発者の豊富な活動データはプラットフォーム上で公開され、ユーザーは他のユーザーの活動から学ぶことができます。

2016年、カナダの有力ブロックチェーン投資者の一人でもあったKoverko氏によると、

「Ploymathの閉回路システムはどんなユーザー(法代表者、スマートコントラクト作者、発行者、またはKYCプロバイダ)に対してもハイクオリティー付け値とロークオリティ付け値の分離を援助することができます。Polymathは最も有力な法代表者、信頼できるKYCプロバイダ、そして最良Solidity(プログラム言語)スマートコントラクト開発者が経年的に上位に登れるような構造を目指します。」

Polymathは従来の財産所有権を越える発展になるかもしれません。

「現在、証券発行をする際に株式市場から販売株価データを得られますが、Polymath取引からはより豊富なデータを得られる可能性が高いです」

This Ethereum Blockchain Platform Could Revolutionize Financial Securities

Jan. 7, 2018 by Justin OConnell

参考記事はこちらから
イーサリアムニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加