最高価格を更新し続けるイーサリアムの様々な技術的問題点

取引手数料問題
取引手数料を決定するソフトウェア(gas oracle)の欠陥により取引手数料が跳ね上がっています。
ブロックチェーン同期問題
Warp sync機能の故障によりネットワークノードがブロックチェーンに同調し辛くなっています。
テストネットワーク問題
Casperのテストネットワークが両立しがたいフォークにスプリットしています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

イーサリアムの価格が最高値を記録

一時的にリップル社のXRPトークンに越されてしまった時価総額を、イーサリアムが先週初めて$1000(約11万1600円)を超え、2番目としての立場を取り戻しました

しかし、イーサリアムの価格上昇は現在イーサリアムが抱える多くの技術問題を世間の目から遠ざけてしまっていることは確かです。

問題については内部開発チャンネルでは大いに論じられていますが、世間にはあまり公表されていません。(Reddit、Twitter、および他のイーサリアムフォーラムではほとんど取り上げられていません)

しかし、心配すべきは世間の反応不足ではなく、問題の根本的な性質なのかもしれません。

なぜならほとんどの問題はブロックチェーンの最も基本的な機能と直接関係しているからです。

その一つは取引手数料を決めるソフトウェア(gas oracle)の欠陥による手数料の膨張です。

これにより、取引に必要な手数料を大幅に超える分を払わされる事例が増えています。

これは新規ユーザーにとってうれしくないことですが、他にも問題はあります。

例えばイーサリアムをフルウォレットなどで扱うコンピューターが、全取引履歴のダウンロードのデータ量が多すぎるため苦戦を強いられています。

さらに、進歩的な計画にも懸念点が残っています。

現在、Casperのテストネットワークは両立しがたいフォークにスプリットしています。

仮想通貨で成功したい人のための注意として、イーサリアム有力者Vlad Zamfir氏がこれらの問題に以下のように応えました。

「(イーサリアムは)まだ安全ではなく、またスケーラブルでもありません」

斯くして、このコメントはイーサリアムの現状と仮想通貨のwork-in-progress性質のより概括的な注意として受け入れるべきです。

膨張する取引手数料

おそらく一番の問題は取引手数料を概算するアルゴリズムにあるでしょう。

現在ウォレットおよび取引所ユーザーは手数料を最大70%過払いしています

イーサリアム開発者Nick Johnson(以下ジョンソン氏)は、イーサリアムの内部自動ガス(取引手数料:gas)価格決定機能に欠陥があることを説明しました。

CryptoKittiesアプリやICOの人気により急上昇した取引量はコードによって維持されましたが、最近では推定ガス価格が異常なことになっています。

ジョンソン氏によると、gas oracle(現在MyEtherWallet、MetaMask、Shapeshiftなどの人気ウォレットが利用する)は最新イーサリアム取引の手数料を元に取引手数料を概算しています。

しかし、ジョンソン氏はEメールにて、以下の様に述べました。

「より低い価格で取引することは可能ですが、gas oracleはますます高い推定値を出してしまっています」

ジョンソン氏によると、問題の核心はユーザーの一部が単純にブロックチェーン利用に余分な料を払っていたことにあります。

その結果、gas oracleの概算が跳ね上がりました。

分散型チャリティーGiveth創業者Griff Green(以下グリーン氏)は異常なほどに高い手数料に気づき、ツイッターを用いて他のユーザーに取引手数料を手動計算するように伝えました。

グリーン氏は他のメジャー取引所およびウォレットが対応していない中、Bittrexがこの問題を取り上げたこと(新たなイーサリアムおよび資産アカウントの作成停止)を称賛しました。

グリーン氏はイーサリアム開発者が新しいアルゴリズムをすみやかに実装することを期待し、以下のように語りました。

「これらは開発者がネットワークを存続させるために対処しなければならない技術問題です」

ブロックチェーン同期問題

以上の事に加え、開発者はネットワークノードをブロックチェーンに同期させることに苦戦しています。

テストを行う人は失敗するか、または長い時間待たされてしまうのが現状です。

イーサリアムマイニングまたはウォレットへのブロックチェーン応用を目的とした新たなノードも同じ問題にぶつかります。

この問題はしばらく前から循環していましたが、近頃より深刻化しています。

Bitflyマイニングプールを運営するPeter Pratscher氏によると、イーサリアムSTATE(全イーサリアム計算 – ノードによって保管されている)の大きさによる「warp sync」機能の故障が原因としています。

Pratscher氏は、この機能の故障によって起きる問題を述べました。

「新たなノードは時間がかかり(数日程度)、従来のイーサリアムブロックチェーンに同期をしなければなりません」

現在イーサリアムSTATEの大きさを減らす方法について議論がされています。(例えば「ダストアカウント(長い間無活動で中身のないアカウント)」の削除)

Pratscher氏はまとめとして以下のように述べました。

「開発チームが問題を解決し、なんらかの改良がされることを願っています」

テストネットワーク停滞

活動中のイーサリアムネットワークに直接影響がないため、上記の問題と比べて重大さに劣りますが、Casperテストネットワークが直面している問題はイーサリアムが技術としてまだ初期段階にある証拠です。

スケールしなければならないというプレッシャーにより、Casperの開発意欲はここ数ヶ月で急上昇したのかもしれません。

しかし、現在テストネットワークは分裂しており、ノードはブロックチェーンに接続できない状態にあります。

結果、テスト環境に新たな一面をもたらすと期待されていたテストネットワークは静まり返りました。

Casper開発者Karl Floersch氏は、Casperコード自体は「問題なく作動している」ので今回の問題とは全く関係がないことを主張しました。

テストネットの新たな性質上、開発者は考えられる問題と解決策を提案しており、素早い再発進が見れるかもしれません。

Ethereum Price Highs Overshadow New Wave of Tech Issues

Jan 9, 2018 by Rachel Rose O’Leary

参考記事はこちらから
イーサリアムニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用