オランダの固定/携帯電気通信企業KPNがNEOを支持する

オランダの固定/携帯電気通信企業KPN(以下KPN)がNEOを支持する
オランダの通信会社KPNはデータ・センターで専用のNEOのコンセンサスノードのホストをつとめることに決めました。
KPNがNEOを支持する理由
KPNは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインに興味がありません。その代わりに彼らはNEOを支持して活発な経済の一部になりたいようです。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

データセンターでコンセンサスノードのホストをつとめることによって、KPNはNEOに対する支持を示す

ビットコインは完璧ではなく、そしてそれが我々の問題に対する解答の全ての答えを持つというわけでもありません。

ビットコインは良い通貨ですが、最良の通貨ではありません。

結果、現在の大手企業は、他の通貨に対する関心を示しています。

今回はオランダの通信会社による決定で、KPNはデータ・センターで専用のNEOのコンセンサスノードのホストをつとめることに決めました。

ビットコイン以外のすべての通貨(アルトコイン)には興味深い未来が待ち受けています。

特に確立している通貨とまったく異なるものを提供する通貨が今後注目され得る可能性があるでしょう。

NEOは若干イーサリアムと類似してますが、完全に異なる部分もあり、現在のところアルトコインの中でも2017年の間で大きく価格を上昇させています。

この傾向はNEOが大きな発表を控える2018年前半まで数ヶ月に渡り続くでしょう。

KPTはNEOのメリットと活発な経済を考えています

NEOが控える大きな発表の1つは、KPNに関係があります。

KPNはオランダ最大の通信企業の1つなので、大部分の人々はこの会社を知っています。

驚くべきことに、KPNはNEOの流行に乗ることを決めました。

より詳しくは同社は彼らのデータ・センターの中でNEOコンセンサスノードのホストをつとめます。

それ本来はむしろ驚くべき発展ですが、KPNは以前にNEOと活発な経済の利権に興味を示しました。

彼らはたった今計画を実行しているようで、今後興味深い結果が出ることでしょう。

オランダの大手通信会社KPNは市場に出ている他の仮想通貨ではなく、目的を持ってNEOを選んでいます。

彼らは、ビットコイン、イーサリアム、ライトコインに一見興味がありませんが、その代わりに彼らはNEOを支持し、活発な経済の一部になれるように取り組んでいくでしょう。

このような動きは大きな結果をもたらすと期待出来ます。

また盤上でKPNがデータ・センターの中でNEOコンセンサスノードのホストとして関わっていくことは重要であり最初の第一歩と言えるでしょう。

NEOがKPNと関わることの発表から、私たちは今後、他の技術会社が他の仮想通貨ノードまたは類似したシステムに対する大きい関心を示すのを見るかもしれません。

今のところ、世界を揺るがすほどの発展とは言えませんが、NEOは良い将来性があると言えるでしょう。

KPN Shows Support for NEO by Hosting a Consensus Node in Their Data Center

Jun 13, 2018 by ALTCOINTODAY

参考記事はこちらから
ネオニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用