仮想通貨イーサリアムの大口送金 24時間で計21万ETH=ViewBase

ETHの大口送金を確認

仮想通貨イーサリアム(ETH)の大口送金が確認。24時間に21万4953分ETHが大手仮想通貨取引所に送金されたことが分かった。

トレーダー向けにブロックチェーンを分析するViewBaseがデータを公表した。ETHの入金が1番多く見られた取引所はHuobiで9万9987ETH。次点でクラーケンの8万9058ETH、バイナンスでは2万5908ETHの入金が確認された。

本ツイートのスレッドでViewBaseは、クラーケンへの送金が1つのアドレスからのものだと説明。そのアドレスにあるETHの大部分はイーサリアム共同創設者Vitalik Buterin氏のアドレスに関連したものの可能性があると指摘、今回のクラーケンへの送金は、Buterin氏本人か他の開発者によるものの可能性が高いと予想している。

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアム、PoS採用のETH2.0移行を早める提案=ヴィタリック氏
仮想通貨イーサリアムの共同創設者Vitalik Buterin氏が、イーサリアム1.0から2.0への移行を前通しさせる方法を提案。必要条件を満たして実施できれば、チェーンの再構築を簡素化できるという。
イーサリアム基盤の分散型取引所、2019年の出来高は2500億円超
イーサリアムの分析サイトは19日に新しいデータを発表。 ETH基盤の分散型取引所における2019年の出来高が、23億ドルを超えていることが分かった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用