ビットフライヤーがリスク(Lisk)を上場発表/ LSK価格約60%高騰

ビットフライヤー(bitFlyer)がリスク(Lisk/LSK)を上場
この発表の影響により、1日で最高約60%の上昇を記録しました。

日本最大手仮想通貨取引所のbitFlyerが仮想通貨リスク(Lisk)の上場を発表しました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨リスク(Lisk)のビットフライヤーへの上場経緯

1月初旬、bitFlyer CEO 加納裕三氏はTwitter上で1月中に新規アルトコインを上場と発表していました。

また、この上場通貨はLiskなのではないか?と噂されている、という記事をCoinPostでも取り上げました。

過去にCoinPostが独占インタビューをした際にもLisk CEO Max氏は日本市場参入に対して積極的な姿勢を見せていたため、Max氏の願いが叶った結果となります。

以下がその発言です。

Lisk CEO Max氏

私たちは全世界を対象としなければならないため、対象ユーザーが多すぎることから、全ての国にフォーカスすることができないと学びました。

よって特定のターゲットを絞り、その国のローカルコミュニティに根付き、そこから拡大しようとしています。

そしてアジア市場に参入したいと望みました。個人的にも、共同創業者のオリバー・ベッドウズ氏も日本のファンなので、自然と日本のコミュニティを市場参入のターゲットに選択しました。なので私は日本に戻ってきたのです。

bitFlyer加納氏の当時の発表内容と考察はこちら↓

bitFlyer CEO 加納氏が1月中にとあるアルトコインを新規上場すると発表
bitFlyer CEO 加納氏が1月中にとあるアルトコインを新規上場すると発表しました。多数の仮想通貨投資家の間では、この新規上場通貨はLisk(LSK)なのではないか、と推測されています。この発表後既にLSK価格が上昇しています。

LSK価格が最高で約40%上昇

本日1/31だけでみても、2200円台から一時は3600円台まで高騰し、約63.6%の高騰を見せています。

元々リスク(Lisk)はロードマップで2018年に数多くのプロジェクトが実現する予定を去年発表していたので、期待が大きい通貨でもありました。

Liskが新たなロードマップ(予定表)を発表、その詳細とは?
Lisk社が2018年2月20日にリブランディング(ブランドイメージの変更)、2018年4月にSDK(開発者用ツール)を配布、2018年7月に分散型取引所、そして2017年内にLisk CORE 1.0がアップデートすることを発表しました。

Lisk(リスク)はホワイト入り確定か?

1/31の16:00現在、金融庁の「仮想通貨交換業者登録一覧」は更新日時が1月17日のままになっており、bitFlyerの取り扱い仮想通貨に入っていません。

しかし、上場したということはほぼ間違いなくホワイトリスト入りを果たすと思われます。

仮想通貨 ホワイトリストとは/国内取引所で取引可能な仮想通貨一覧
仮想通貨のホワイトリストとは、金融庁によって登録業者の取り扱う仮想通貨が公表されない限り、国内取引所でそれ以外の仮想通貨を手に入れることが出来なくなる事から作られた言葉です。ビットコインやイーサリアム、リップルやネム等の通貨がホワイトリスト入りしました。

今後もCoinPostではリスクや他アルトコインなどの最新情報をお届けいたします。

リスクニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用