CoinPostで今最も読まれています

シンガポール中銀・元バンカー「ビットコインは超担保金資産になる」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BTCは超担保金に

シンガポール中銀(MAS)の元銀行員で、現在ビットコインOTCデスクを運営するAaron氏は、BTCが「スーパーコラテラル(担保金)」になっていくと見ている。

SNSで自身の知見を披露したAaronは、「ビットコインが最終的に担保金の形とした資産に進化を遂げつつある」と発言。理由として、より多くの取引やファンド企業がビットコインを担保金として受付始めていると説明した。通常6~12%の年利を提供している。

現在、BlockFiやCompoundを含む、多くの仮想通貨における分散型金融関連企業が提供するサービスが存在している。また、DeFi専門企業以外でも、取引所バイナンスや日本のGMOなどの取引所も、仮想通貨の貸し出しサービスを一定の年利で提供する。

Aaronが指しているのは、従来のファンド系企業のことだ。「最新の情報では、伝統的資産を運用する大手ファミリーオフィスが。BTC担保のローンを提供し始めた」と明かした。

「従来では、不動産や有価証券を担保に、ローンをとるが、ビットコインの時価総額が増加すると同時に深まる資産的流動性は従来の資産よりも高くなり、いずれは最も担保しやすい資産として機能するだろう」と見解を繰り広げた。

ビットコインの時折の高いボラティリティを指摘しつつも、いつでも取引できる利便性や、決済スピード、ボーダーレスな性質などを、優れた担保資産になる要素として取り上げた。

そして具体的に、ビットコインの2つの性質について語っている。

①無記名資産

ビットコインは「無記名資産(bearer asset)」であるため、「債権者からの請求権である、抵当権等が設定されていない財産」だと、Aaronは指摘。つまり、BTCの貸し手には、貸す先が1つしかないことが保証されながら、互換性が保たれている。

*ビットコインが「無記名資産(bearer asset)」に該当しないとする有識者の意見も散見される。

②24/7の流動性

次にビットコインの「随時取引可能」の特徴を取り上げた。不動産なら、1年以上の売買決定期間がかかる場合は珍しくもない。また、株や債権の取引は規定された時間外では取引ができないため、流動性が限られていると、Aaronは説明した。

一方、ビットコインは様々な取引所で、24時間・7日無休状態で取引されている。

ビットコインの時価総額は一部の主要株の規模(アップルなど)には及ばないが、「銀行がビットコインを担保金として受け付けることは時間の問題だ。それに向けて、借り貸しのインフラを整えないといけなくなるだろう」と、Aaronは結論づけた。

特に有事時の「ビットコイン」という認識が広まりつつある現在、近い将来には、Aaronが思い描く「スーパー担保金」が到来するかもしれない。

CoinPostの注目記事

仮想通貨に好意的な米銀行の躍進 顧客数は業界企業804社に
米シルバーゲート銀行の仮想通貨企業の顧客が増加の一途をたどっている。NY証券取引所に上場した仮想通貨に好意的な米銀行の拡大状況とは。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【3/7更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/04 土曜日
15:00
ビットコイン・レイク体験記寄稿3
ビットコインが法定通貨になったエルサルバドルを訪問し、街での買い物や地元民との交流を元に執筆された、ビットコイン研究所の練木照子氏による寄稿記事。エルサルバドルにおけるギャング対策について言及。
15:00
イーサ「再ステーキング」企業、EigenLayerが65億円調達へ
仮想通貨イーサリアムの“再ステーキング”プロトコルEigenLayerが、65億円の資金調達を進めている。イーサリアムのバリデーターにとって、ステーキング報酬を2重に得られるため、資本効率を高める手段として期待される。
13:00
バイナンス CBDCテストにBNBチェーンの環境を提供
バイナンスとカザフスタンがCBDCで協力して実証実験を行うことが決まった。カザフスタンのCBDCは現在実証実験の段階にある。
11:00
バイナンス、韓国市場へ再進出 GOPAX株式取得で
最大手仮想通貨取引所バイナンスは、韓国市場へ再進出すると発表した。取引所GOPAX株式の多くを取得した格好だ。また、インドWazirXへのウォレット提供を止めることも報告している。
10:05
イーロン、ツイッターの収益シェア導入を発表
米ツイッター社のイーロン・マスクCEOは、広告収益の分配を有料ユーザー向けに開始したことを発表した。Twitter Blueプラン加入ユーザーのみが対象。返信欄で表示される広告の収益の一部を受け取ることとなる。
08:26
グーグル親会社「企業のミッション達成にAIは非常に重要」
グーグルの親会社アルファベットは、2023年1月分の決算報告から、AI事業の一部に関する記載を明確化すると説明。この変化は、アルファベットがAI事業を強化していることを示唆していると指摘されている。
07:25
米ナスダック・ビットコインなど反落 ドル急伸
本日のニューヨークダウやナスダックは反落。米強い雇用統計を受け米国債相場の急落に伴い利回りは急伸し、株式市場や仮想通貨市場は下落した。
02/03 金曜日
16:25
イーサリアム、上海アップグレードに向けて3回テストを予定
仮想通貨イーサリアムのコア開発者グループは定期会議を実施。メインネットでの上海アップグレードは最短で3月中旬に実施可能になるとの見解も出ている。
14:15
FTX Japanの事業売却、入札期限が延長
経営破綻した仮想通貨取引所FTXの事業売却について、日本法人「FTX Japan」などの入札プロセスが1か月ほど延長された。FTXは「合理的なビジネス上の理由」と述べており、有利な入札条件を集めるねらいがあるようだ。
13:30
史上最大4MBのビットコインNFTがミント、コミュニティは賛否両論
仮想通貨開発者のUdi Wertheimer氏は、ビットコインマイニング会社Luxor Miningの協力を得て、史上最大のBTCブロックを占めるNFTの鋳造に成功したと発表した。
12:33
メタマスク、プライバシー機能を拡張
仮想通貨ウォレット最大手Metamaskは、RPCネットワークの変更機能を設置した。また、フィッシング詐欺の検出や着信トランザクション通知などを行うサードパーティサービスを使用するトグル機能を追加した。
12:15
抵抗線で揉み合うビットコイン、移動平均線のゴールデンクロス迫る
ダウ反落を受け3日にかけて暗号資産(仮想通貨)市場も反落。ビットコインは50MA(中期移動平均線)と200MA(長期移動平均線)のゴールデンクロスが迫っている。
11:50
米マイクロストラテジー、ビットコイン保有で250億円の減損計上
米上場企業マイクロストラテジーは2022年第4四半期の決算を報告。財務資産として保有する仮想通貨ビットコインについて約254億円の減損を計上している。
10:20
米連邦地裁、コインベースに対する集団訴訟を却下 株価大幅高
米ニューヨーク南部地裁は、仮想通貨取引所コインベースに対する集団訴訟を却下した。訴訟は、コインベースが未登録証券を取り扱っていると申し立てるものだった。
09:55
AWS、Web3の人材を募集
アマゾンのクラウドサービス部門AWSは現在、Web3チームの人材を募集。また、ebayは仮想通貨やNFTに関する職種など、複数のポジションでWeb3関連の求人を行っている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/02/07 17:00 ~ 18:00
その他 東京都港区虎ノ門/オンライン
2023/02/09 19:00 ~ 21:00
その他 オンライン
2023/02/10 ~ 2023/02/11
その他 羽田空港第1ターミナル6階 ギャラクシーホール・5階LDHキッチン/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧