CFTC委員長:仮想通貨の規制はバランスと害のないアプローチが重要

CFTCの規制に対する考え
”害のない”アプローチというのはインターネットに対しても間違いなく適切なアプローチだったと言え、結果繁栄した事を考慮すると、分散型台帳技術においても同様のアプローチが必要であると記述されています。
必要なアクションには積極的
一方で、CFTCは、米国証券取引委員会(SEC)を始めとするその他複数の金融執行機関とも連携して、投資家保護を行い、詐欺や価格操作を行う仮想通貨関連の計画を「積極的に起訴」していることも注目すべきです。

米国商品先物取引委員会(以下、CFTC)の委員長が仮想通貨の規制を行う際には、バランス、そして、”害のない”アプローチを取ることが重要であると語りました。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

CFTCの規制に対する考え

2月6日、上院銀行委員会に提出された証言書で、J.Christopher Giancarlo氏(以下、Giancarlo氏)はこの金融市場の「新しいデジタル時代」では、仮想通貨が世界の支払いや金融プロセスに「パラダイムシフト(劇的に変化すること)」をもたらし、この革命を無視しても「それ自体が無くなることはないでしょうし、責任ある規制対応も出来ません。」と語り、以下のように続けました。

”害のない”アプローチというのはインターネットに対しても間違いなく適切なアプローチだったと言えます。

同様に、分散型台帳技術に対しても包括的で適切なアプローチであると考えています。

健全な政策、規制、民間でのイノベーション、新しい技術は適切なバランスで進められる必要があり、それによって、アメリカ市場の責任ある発展と継続的な経済の発展及び、繁栄を促進することが可能になるでしょう。」

必要なアクションには積極的

しかし、これはCFTCがただ単に傍観して、何のアクションも取らないという訳ではありません。

実際に委員会議長は、彼の機関がMy Big Coin Pay Inc及び、The Entrepreneurs Headquarters Limited、Coin Drop Marketsなどの複数の「仮想通貨のポンジ・スキーム」に対して民事執行処置を適応させたことを挙げています。

※ポンジスキーム:詐欺の一種、日本でいう自転車操業に近い

このアクションは、CFTCが、米国証券取引委員会(SEC)を始めとするその他複数の金融執行機関とも連携して、投資家保護を行い、詐欺や価格操作を行う仮想通貨関連の計画を「積極的に起訴」していることが伺えます。

Giancarlo氏は、最近開始され、既存の先物分野から批判も出ている、自己申告済みのビットコイン先物商品についても言及しました。

彼は、新規商品の自己申告に対しての懸念に関しては、先物取引所や先物取引所の役割であってCFTCの役割ではありませんと主張しました。

しかし、議長は委員会が仮想通貨先物商品の”準拠性検査のチェックリスト”に新しい要素を追加したと語っています。

Giancarlo氏は、商品提供者にCFTCに対して彼らが取った手順を開示させることを要求し、「取引企業やFCMを含む関連する組織から適切なインプットを集め、収容する」と説明しました。

さらに、CFTCはそのような商品の管理の”詳細にも目を光らせること”で、必要となるさらなる対応を考え、推薦していくと語っています。

CFTC to Take ‘Do No Harm’ Approach on Crypto Regulation

Feb 6, 2018 by Daniel Palmer

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用