コインチェックが13日に日本円出金再開/国内取引所を取り巻く現状

コインチェックが13日に日本円出金再開
公式からの発表ではありませんが、コインチェックが日本円出金の再開をする方針を固めたことを、NHKや日経新聞など複数のメディアが報じました。しかし、仮想通貨出金再開の日時は不明のままです。
国内取引所に対する立入検査相次ぐ
コインチェック以外の取引所(GMOコイン、Zaif)に対しても立入検査が行われている模様です。

コインチェックが13日に日本円出金を再開する方針を固めた、と日経新聞やNHK NEWS WEBが報じました。

大手取引所の「コインチェック」で巨額の仮想通貨が流出した問題で会社は、顧客から預かっている資産のうち「日本円」の引き出しについてはシステムの安全性が確保できたとして来週13日にも再開する方針を固めました。

情報引用元:NHK NEWS WEB

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

仮想通貨出金の日時は不明

コインチェックはハッキングにより580億円相当のNEMが盗まれたことが多くの新聞やテレビで報じられました。

事件発生時、日本円や仮想通貨の出金、また取引を停止し、いつ再開するのかわからない状況だったため、顧客はこれがいつ再開するのか不安を覚えていました。

今回の発表で日本円の出金に関しては目処が立ったものの、仮想通貨の出金や取引は停止したままです。

よって、顧客は大半の資産を動かせない状態になったままとなります。

業務改善命令を受け、さらには立入検査も行われているため、システムの安全性の証明にはまだ時間がかかると思われます。

金融庁:本日8時前にコインチェック本社に立入検査/補償資金の状況など確認
金融庁が本日コインチェックに立入検査 顧客の補償に充てる資金が十分にあるのかなど会社の財務内容を早急に調べ...

国内取引所に対する立入検査も相次ぐ

立入検査はコインチェックだけではなく、他の取引所に対しても行われています。

仮想通貨取引所コインチェックから約580億円相当の仮想通貨NEM(ネム)が流出した問題を受け、金融庁は、仮想通貨の取引所などを運営する複数の業者を対象に、資金決済法に基づき、立ち入り検査をはじめた。

情報引用元:Business Insider Japan

GMOコインや、取引所Zaifを運営するテックビューロも立入検査を受けたことが報じられました。

金融庁は仮想通貨登録業者16社だけではなく、登録申請を行って現在審査中のみなし業者15社(※コインチェック以外)も公表し、審査を強化しています。

また改正資金決済法に基づく報告内容を精査した結果、管理体制などに問題があれば、コインチェックと同様、業務改善命令などの措置も取られることがわかりました。

業務改善命令に関して

業務改善命令の内容は以下の通り
  • 1. 本事案の事実関係及び原因の究明
  • 2. 顧客への適切な対応
  • 3. システムリスク管理態勢にかかる経営管理態勢の強化及び責任の所在の明確化
  • 4. 実効性あるシステムリスク管理態勢の構築及び再発防止策の策定等
  • 5. 上記1から4までについて、平成30年2月13日(火)までに、書面で報告すること。

このようにコインチェックは、金融庁から再発防止策などをまとめた報告書を2月13日までに提出する必要があります。

金融庁がみなし仮想通貨交換業者全15社を公開
金融庁がみなし仮想通貨交換業者一覧を公開し、全15社の名前が明示されました。その中にはみんなのビットコインやPayward Japan(Kraken)、CAMPFIREなどの名前が挙がっています。

日本国内でも取引所に対しクレジットカードでの仮想通貨購入に関する要請が報告

米大手銀行(JPモルガンチェースと、バンクオブアメリカ、シティグループ)がクレジットカードでの仮想通貨購入禁止を発表したことは、仮想通貨市場にとって大きな話題となりましたが、本日Zaifでも、クレジットカード会社からの要請があり、2018年2月9日(金)17:00から、クレジットカードでの仮想通貨購入を停止したことが報告されました。

クレジットカードでの仮想通貨の購入を一時停止いたします:Zaif

海外の大手銀行の報告では、下落相場にて、クレジットカード利用による貸し手のリスクが高くなることや、クレジットカードによる購入を認めると、クレジットカードの不正利用で仮想通貨に換金されることや(現金化に近い)、資金洗浄の監視が容易ではなくなることが挙げられています。

JPモルガン・BoA・Citi:米大手銀行がクレジットカードでの仮想通貨購入禁止へ
仮想通貨が暴落する中、クレジットカードでの仮想通貨購入を禁止するクレジットカード会社が増えています。現在の下落相場では、投資家の損失によって返済が行われなくなるリスクが高くなるため、クレジットカードでの仮想通貨購入停止の動きが進んでいます。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用