アリゾナ州がビットコインによる納税を検討

アリゾナ州でビットコインでの税金支払いの法案提出
アリゾナ州で、ビットコインを税金支払いの方法として合法化する法案が議会に提出されました。アリゾナ州で提案された修正案が承認された場合、同州は2年後から税金をビットコインで集めることになるかもしれません。
仮想通貨を用いた納税のメリット及び、デメリット
ビットコインによる納税が可能になることで、納税が手軽に行なえるようになる一方、ボラティリティの問題などもあり、多くの人にとってはデメリットとなるのではないかと言う懸念の声も上がっています。

アリゾナ州はビットコインを税金支払いの方法として合法化する最初の州になるかも知れません。

ビットコインによる納税法案がすでに州議会に提出されており、その一つは既に上院財務委員会によって承認されています。

アリゾナ州は仮想通貨の普及に向け積極的な姿勢を示しており、その法整備にもいち早く乗り出している州の一つと言えるでしょう。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

アリゾナ州の先進的な取り組み

仮想通貨を日常の決済通貨として認めるべく、アリゾナ州議会では法整備が着々と進んでいます。

同州では、所得税の仮想通貨支払いについて2つの法案が提出されており、その一方が1月中旬に上院財務委員会による審議を通過しました。

また、クラウドファンディング及びICOについての規制法案も新たに提出され、その1回目の審議が衆議院によって6月2日に行われる予定です。

共和党のJeff Weninger議員(以下、Weninger議員)はFox Newsからのインタビューで以下のように答えています。

アメリカ合衆国、引いては世界各国に先駆けて、アリゾナ州がブロックチェーン技術、仮想通貨の発展の中心地となることを期待しています。

Weninger議員は仮想通貨の秘めたポテンシャルを高く評価しており、10年以内に仮想通貨技術がインターネット同様の変革をもたらすだろうと述べています。

彼も携わった所得税の法案は、1月中旬に財務委員会にて4対3で可決されました。

Weninger議員は、この法案が可決することによって、「一般的なウォレット(財布)」を開く必要がなくなり、税金の支払いが容易になるだろうと強調しました。

彼は続いて「深夜でも、家でテレビを見ながらでも、場所、時間を問わずに税金を収められることが数年後には当たり前になっているでしょう。」と語りました。

メリット、デメリット

ケンブリッジ大学の研究によると、仮想通貨ウォレットを保有するアクティブなユーザーは、現在580万人にものぼることを明らかにしました。

そのアクティブなユーザーの1人であり、フェニックス市のビジネスマンであるJack Biltis氏(以下、Biltis氏)はFox Newsのインタビューに対し

自社では、給料をビットコインで受け取ることや、401k(確定拠出年金)の一部をビットコインに投資することも認可しています。

と語りました。

多くの従業員が在籍する会社を営むBiltis氏は、新しい仮想通貨技術が「既存の非効率的なクレジットカードや銀行システム」を代替することになるだろうと強調し、安価で、迅速な送金が仮想通貨で実現できると主張しました。

Biltis氏は、アリゾナ州がその技術を後押しする州になって欲しいと考えています。

一方で、アリゾナ州民主党のSteve Farley議員(以下、Farley議員)は、価格変動が激しいビットコインの納税により、多くの住民がリスクを負ってしまう可能性を危惧しています。

彼は、もしこの法案が可決されれば、州がその仮想通貨の取引に対して責任を負わなければならなくなるとも警告しました。

その税法の修正によって「一部の関心のある人々のみが恩恵を受け、その他大多数の人々が被害を被るのではないか」と主張し、納税者は法定通貨でのみ納税を行うべきだと意見しました。

しかし、ビジネスオーナーであるBiltis氏は仮想通貨決済の普及に対し前向きな姿勢を貫き、以下のように言及しています。

なにを始めるにも最初は恐怖を伴います。インターネットでもそうでした。しかし、世界のあり方は今後20年の間に大きく変わるでしょう。そして、その変化の中で成功できるのは、現在の変化を受け入れられる人々のみなのです。

仮想通貨普及に積極的な州

アメリカの多くの州が仮想通貨の法整備に対して明確な方針を打ち出せていませんが、アリゾナ州を始めとした一部の州では、法整備を含め積極的な姿勢を示しています。

カンザス州やテネシー州では、仮想通貨の売買取引を提供する上で、送金ライセンスを必要としない基本合意書を当局が発行しました。

Bitcoin Market Journal によると、テキサス州でも同様の取り組みが行われており、企業による取引所運営がライセンスを取ることなく自由に行なわれています。

モンタナ州では、仮想通貨の送金を規制した法案がなく、将来的にもビットコイン規制が行われる予定はありません。

news.Bitcoin.comによると、ニューハンプシャー州の知事であるJohn Sununu氏は、仮想通貨を使用する全ての人に対して送金社登録の免除を行う法案にサインをしました。

この州では、以前に仮想通貨を対象に厳格な規制が課されており、ビットコイン送金に限り免除がなされました。

もしアリゾナ州で税金のビットコイン支払いが合法になれば、アメリカでの仮想通貨普及がまた一歩前進することでしょう。

2年前にも同様の法案がニューハンプシャー州で提案されましたが、同様に激しい価格変動への懸念の声が多く上がり、否決されました。

ニューハンプシャー州の法案を提出した共和党州議会議員のEric Schleien氏は、仮想通貨からドルへの交換は自動的に行われ、仮想通貨のボラティリティに左右されることはないため、州や住民がリスク、コストを被ることはないだろうと主張しました。

アリゾナ州で提案された修正案が承認された暁には、同州は2年後から税金をビットコインで集めることになるかもしれません。

Arizona Closer to Accepting Bitcoin and Regulating ICOs

Feb 9, 2018 by Lubomir Tassev

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用