仮想通貨NEM:Symbolに関するAMAが終了 ローンチ時期や新体制等について回答

NEMの日本AMA開催

仮想通貨NEMについて、初めてとなる日本語にも対応したコミュニティAMA(Ask Me Anything:なんでも聞いて)が9日に開催された。

今回のAMA開催の目的は、新たに発表された「NEMエコシステムー将来のガバナンスとプラン」について、コミュニティに説明することである。AMAでは「Symbol」のローンチ時期や新体制に関する内容を初め、多くの質問が行われた。

関連仮想通貨ネム、Symbolに関して日本語対応「AMA」を初開催

AMA主催者は、今後数日かけて質問に回答していき、回答集の作成も行うと述べている

世界的には盛んに行われるプロジェクト主催のAMAも、日本語の壁は厚く、主要プロジェクトが日本語で開催する事例は珍しい。市場に向き合う姿勢を「前向き」だと評し、今後に期待する声が多く上がった。

AMA 注目の回答

Symbolのローンチについて

「Symbolのローンチがいつになるか」という質問には、「4月18日までに詳細なロードマップを公表する」と回答。発表によると、残りの技術的および非技術的作業における最初のベースラインは完成しているものの、以前目指していた2020年第2四半期(4月から6月)のローンチ予定から延期することを明らかにした。

Symbolローンチ時期に関わる内容では、取引所とのコミュニケーションについても質問もあがった。「各取引所はSymbolへの移行に対して前向きだが、ローンチが遅れることは説明済みなのか」といった内容だ。

この質問に対しては、「NEMトレーディングチームが各取引所と直接、情報や技術支援についてやりとりを行い、Symbolのローンチやその後の移行をスムーズに行えるようにしている」と回答した。

関連コインチェック、公式で仮想通貨ネムの「Symbol」対応検討を発表

新組織について

新組織については、「新たな体制へ移行した後、なぜNEM財団がなくなるのか」という質問が出た。AMAに先立って行われた発表では、既存のNEM財団、NEMスタジオ、NEMベンチャーズが「NEMグループ株式会社(NEM Group Ltd.)」として1つなることが伝えられている。

この質問には、「Symbolのローンチとその後の運営をより効率的に行うため」と回答。

また独立した監督者を設けるため、コアチームのメンバーを一部NEMグループ株式会社に参加させるという計画があり、こういった編成は今の体制では容易に行えないためとも説明している。

CoinPostの注目記事

仮想通貨ネム:シンボル稼働後も、現行チェーンを生かす方針 委員会が4つのテーマで議論
仮想通貨ネムに関連したSymbol移行委員会が、現行のNIS1チェーンを生かす方針を改めて示した。主に4つのテーマで議論を行っているという。
NEM財団、日本チームを強化へ 仮想通貨ネムの「Symbol」公開に向け始動
ネム財団が、Symbolのローンチに向けて日本チームを強化する方針を明らかにした。日本市場開拓に向け、日本担当3名を起用。国内企業や地方自治体との提携、共同開発を進めていく。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します